風が吹けば落ち葉に埋もれ、雨が降れば冠水する。自然豊かなHERO’S HOUSE奮闘記をご紹介します!

緑豊かなHERO’S HOUSE

南国フィリピンでは、家々にたくさんの緑が生い茂っています。そしてココナッツやカカオ、バナナなどの自然の恵みも楽しめます。ここHERO’S HOUSEも例にもれず、たくさんの緑に恵まれ、季節によっていろいろなフルーツを収穫することができます。中でも子供たちに大人気なのが「ココナッツ」です。日本ではなかなか飲むことのできない、新鮮なココナッツウォーターがいつでも飲めます。珍しいものでは「カカオ」!チョコレートの原材料として知られるカカオですが、実はその実は甘酸っぱくて、とっても美味しいんです!!

heros-house DSC03869 

しかし、大自然はそんなに甘いものではありません。たくさんの木や植物があるということは、それだけ手入れが必要になります。毎日の落ち葉拾い、草むしり、枝切りなどたくさんの仕事があります。そんな毎日の大変な作業を、子供たちやお母さん、警備員さんが率先してこなしてくれます。

heros-house_02 heros-house_03

そんな日々の努力もむなしく、なかなか手の届かないスペースもあります。そんな時頼りになるのが「ボランティアさん」です!子供たちが安全に快適に過ごせる空間を作るために、灼熱の太陽の下、汗を流して作業をしてくれました。そのかいあって、それまで「デットスペース」だった敷地が、今や子供たちが自由に遊べる遊戯スペースになりました!
heros-house_05 heros-house_14

DAREDEMO湖

今、私たちにとって一番の悩みの種は、スコールの後に突如として現れる「DAREDEMO湖」です!!
heros-house_11

この湖の水深は意外と深く、もう少しでオフィスや教室も浸水してしまう勢いです。更には、子供たちが昼食を食べる食堂までが浸水してしまうため、さすがに何かしらの対策を考えなければいけない時期が来ました。
heros-house_17 heros-house_16

排水溝の設置

まずは、水の逃げ道=排水溝の設置です。日本であれば、ショベルカーや何らかの機械が登場する場面ですが、ここはフィリピンです。なんと!!1日がかりで深さ1メールはあろう排水溝を人力のみで掘り終え、塩ビ管で排水溝を設置することができました。
heros-house_09

キャメルハンプの設置

お次は、外から流れ込んでくる水をブロックする「キャメルハンプ」の設置です。実は、以前から浸水はあったのですが、ここ最近急激に悪化しています。その原因が道路のかさ上げです。目の前の道路をかさ上げしたため、HERO’S HOUSEの敷地が一帯で一番低い場所になってしまいました。そのため、周辺の水がすべてHERO’S HOUSEに流れ込んでくるようになってしまったのです。
ここでも、日本であれば業者を呼んで、セメントを流し込みますが、ここフィリピンでは、スタッフRHONAがセメント作りドライバーDEXがセメントならしの作業を行います。更には、通りすがりのおじさんたちが「こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」とたくさんのアドバイスをくれます。本当にフィリピン人は器用なんです!
heros-house_13 heros-house_12

土止め用の植物

最後に、大雨の際に花壇の土が流れて、排水溝を詰まらせてしまうため、土止め用の芝生を植えました。芝生を植えることによって、HERO’S HOUSE全体が明るくなりました。
heros-house_15

より良い環境づくりのために!

このように、日々大自然と戦いながら、子供たちにとってより良い環境を作ろうと、スタッフ、保護者力を合わせて、HERO’S HOUSEを守っています!裏庭には、何度も失敗し、試行錯誤を重ねているDAREDEMO FARMもあります。これからも、みんなで力を合わせてHERO’S HOUSEを進化させていきたいと思います。
DIY、ガーデニング、農業に詳しい方!ぜひお知恵をお貸しください!
よろしくお願いします!!

▶当団体の詳細はこちら