フィリピンに来たからこそ映画を見るべきなんです!!そこにはたくさんお得なことが隠れています!

日本の半分以下の料金!!

まずは、なんといってもその値段です。日本は映画を見るのに1,800円ほどかかり、世界的にもその高さで有名ですが、フィリピンではたったの500円で見ることができます!!
そして、今流行りのIMAXも日本では通常料金+500円程度かかるため、合計2,300円とお財布には痛い出費となってしまいますが、ここフィリピンでは1,000円弱で見ることができるのです!!

movie1_02
一番安いもの(作品によって値段が違う)で210ペソ(約420円)

学んだ英語を活かす!自分への挑戦

フィリピンで洋画を見る際には基本、字幕は付きません。留学中の方は日々の勉強の成果を映画を、どの程度理解できたかで測ってみるのもいいでしょう。また、劇中でキャラクターたちが使っていた表現や単語などを語学学校の先生に対して使ってみたり、意味が分からなかったら先生に聞いてみたりと、勉強の手段の1つとしても映画を活用することができます。上記の通り、値段も高くないため、気軽に行くことができます。

movie3

日本で公開前の作品が見れる

洋画の場合は日本で公開される前の作品を見ることができます!ハリウッド映画の前はアメリカでの公開日と同時に公開されます。ちなみに、私が去年の2月にフィリピンの映画館で観た「キングスマン」という作品は、日本では7か月後の9月に公開されました。

日本よりもリラックスできる

フィリピンで映画を見る際、一番驚くのが観客の反応です。日本の映画館では、静かにするというのがルールですが、フィリピンの映画館では面白いシーンはみんな声を出して笑います!キスシーンなどでも、みんなとても反応が良いです(笑)
最初は、周りの反応に圧倒されますが、慣れてくると自分も気兼ねなく笑ったり、泣いたりすることができます!日本の映画館のように、静かにしていなければならないという緊張感はないので、リラックスしてみることができます。

映画に欠かせないこれ!

映画のお供といえば、やはりポップコーンです!セブにあるSM CITY MALLでは、SMALLサイズは飲み物とセットで90ペソ(約180円)、Mediumサイズはポップコーンのみで70ペソ(約140円)、Largeサイズはポップコーンのみで100ペソ(約200円)です。
そのほか、ハンバーガーやホットドックなどもりますが、日本よりも安く買うことができます。

movie_04 movie1
ポップコーンは一番左からSmallサイズ、Mediumサイズ、Largeサイズ

このように、フィリピンでは日本より安く映画を見ることができます。みなさんもフィリピンに来た際は、ぜひ映画を見てください!

番外編

DAREDEMO KIDSたちも映画を見るのは大好きです。しかし、日本よりも安い映画代も、子供たちにとってはとても高価です。また、テレビもある家庭は少ないので、映画を見る機会そのものがほとんどありません。

そこで、当団体では、月に数回HERO’S HOUSEにて映画鑑賞会を行っています。その際、ただ映画を見て楽しむのではなく、その映画から何を学ぶことができたのかを鑑賞後、発表します。また、映画を見る際は、英語もしくは日本語で見るため、新しい単語なども書き出します。このように、勉強の一環として行っている映画鑑賞ですが、子供たちはその日をとても楽しみにしています。

movie-daredemo movie-daredemo_02