日本人に比べ英語が得意なフィリピン人!!しかしそんな彼らにも弱点があります。その弱点を克服するためHERO’S HOUSEでは○○を行っています!!

フィリピンの公用語は英語?!

フィリピン人のネイティブ言語は主にタガログ語、セブではビサヤ語です。しかし、フィリピンの憲法で第二公用語は英語と定められているため、幼稚園から英語の授業を始めます。

mini test_08

私達が支援している子供達も学校でまだまだ英語を勉強中ですが、高校生は日常的な英会話を流暢に話すことが出来ます。しかし、意外な所に弱点ありました。

フィリピン人の意外な弱点

フィリピン人はとても陽気で明るく、おしゃべりが大好きです。そのため、日本人に比べ、英語を話すことを恐れず、英語話者の外国人と流暢に会話をすることが出来ます。しかしそんなフィリピン人にも弱点があります。それは、動詞の活用形があまり出来ないことです。

動詞の活用形とは・・・
英語や日本語を話す際、主語と動詞の時制を一致させなければいけません。
例)私は昨日英語の勉強をした。
→I studied English yesterday.
Study(現在形)を→Studied(過去形)に直さなくてはいけません。

日本の場合、英語を本格的に授業に取り入れるのは中学生からです。最初は日常的な英語(スピーキング)よりも、主に文法の勉強を徹底するので、動詞の活用形(現在/過去/過去分詞の使い分け)は基本の英語として、初期に学びます。しかしフィリピン人は、文法よりも会話を得意とし、日常会話で過去形や過去分詞の使い分けをすることが非常に苦手です。

mini test_04

これは小学3年生が受けたミニテストの結果です。普段、私達と会話をする際、流暢に話せているかのように感じる子供達の中にも、動詞の活用形が苦手な子供たちもいます。動詞の活用形はとても重要です。なぜなら、将来この国のリーダーとして活躍していくには、正しい英語を身につけていく必要があるからです。また、仕事や交渉の際に、英語のニュアンスの違いから誤解を生んでしまう恐れもあります。子供たちの将来のためにも、弱点を克服すべく、私達は週に3回英語のデイリーテストを実施しています。

デイリーテストをする理由

デイリーテストとは子供達の弱点を克服し、尚且つ新しい単語を覚えるためのテストです。私達の支援している子供達の学年や学習スピードは様々です。そのため、レベル別のテストを準備し、テストの問題が難しいと感じる奨学生がいれば、フィリピン人スタッフ、インターン生が丁寧に教えています。又、フィリピンでは、小学3年生から一部の教科が英語での授業に切り替わるため、それまでにある程度の英語を話すことが出来る、理解することの出来るレベルに達していなければすべての授業において遅れをとってしまいます。それを防ぐためにも、デイリーテストを行うことで、子供たちが自主的に英語と触れ合い、勉強(予習・復習)できる環境を整えています。

mini test_02

正しい英語を話せるようになるためには・・・

子供達が正しい英語話せるようになるには、動詞の活用形をしっかり勉強し、使い分けの出来るようになることが大切です。又、それを普段から実際に使うことも大事です。日本人の得意な文法や活用形を子供達に教え、間違った英語を話していたら、訂正をしています。私達インターンもまだまだ英語を勉強中ですが、私達が子供達に教えられることは何なのか考え、子供達が正しい英語を話すことが出来るよう頑張ります!!

mini test_06

弱点を克服するため毎日勉強を頑張っています!!