フィリピン人は甘いものが大好きです。では、フィリピンにはどんなお菓子があり、日本のお菓子とどんな違いがあるのでしょうか。

とっても甘いフィリピンスイーツ

フィリピンのスイーツの多くは、非常に甘いです。中には溶け残るほどの砂糖を使ったものもあります。また、パン屋さんで売られているパンも、ほぼ日本で言う菓子パンであり、たっぷりの砂糖が振りかけられています。

フィリピンのスイーツの一つに、ブコサラダがあります。ブコとはビサヤ語で「ココナッツ」のことで、ココナッツサラダのことです。これがとても甘いです。私は食べたあと、約1時間は口の中に甘みが広がっていました。日本人にとっては、体感したことがないほどの甘さです。なぜブコサラダがこれほどまでに甘いのかというと、大量のコンデンスミルクを生クリームと混ぜたものに、ココナッツの実やカットフルーツが入ったスイーツだからです。
サラダという名前がついていますが、生野菜は一切入っていないので、食べる際にはお気をつけください。DAREDEMO KIDSたちに聞くと、「おいしい」「大好き!」と、なかなかフィリピンでは人気のあるスイーツのようです。

DSC_0339

日本のスイーツも美味しい!

 昨日は、うすい学園卒業生サークルUの会の皆さんが、DAREDEMO HEROを訪問頂きました!その際、子どもたちにラスクを頂きました。フィリピンにもラスクは売っているのですが、一味違う日本のラスクに、子どもたちは興味津々でした。いただいたラスクが群馬県で有名なお菓子と聞き、これまで馴染みのなかった「群馬県」が子供たちにとってとても身近なものとなりました。
子供たちは「群馬県」という言葉とその位置、またラスクの味を一生忘れないと思います。
うすい学園卒業生サークルUの会の皆さん、ありがとうございました!

500

それぞれの美味しさがある!

 フィリピンと日本のスイーツに甘さの面で違いはありますが、それぞれにそれぞれの美味しさがあります。まだまだ他にもフィリピンのスイーツはたくさんありますので、ぜひ、フィリピンに来た際には、日本では食べることのできないブコサラダをはじめとするフィリピンスイーツもお試しください!また、機会があれば、フィリピンスイーツについて紹介いたします。

500