よくフィリピン人は時間を守らないと言われることが多いです。それはなぜなのでしょうか。

フィリピンタイム

フィリピン人と待ち合わせをすると、時間通りに来る人はほとんどいません。待ち合わせた時間に人が来ないことや、予定通りに進まないことや、大幅に予定がずれることをフィリピンタイムと呼んでいます。
 
フィリピン人にとって「フィリピンタイム」は約束を守っていないわけではありません。「9時に集合ね」と約束をすると9時30分に来たり、10時前に到着したりということが多いのですが、彼らは悪気があってその時間に来るのではありません。集合時間を、9時に集合=9時から9時59分の間に到着する、という認識をしています。また、フィリピンでは遅刻の原因として、トラフィック(渋滞)があります。予期せぬ渋滞や、通勤、帰宅ラッシュ時に重なるのかなり遅れます。

フィリピン人は家に招待された際、言われた時間より遅く行くことが当たり前です。時間通りに行くと、まだ準備ができていないことが多く、結果的に相手をせかしてしまい、失礼な人と思われることもあります。日本と比べて正反対のこの感覚には、私もとても驚きました。

IMG_5669

文化の違い

これは文化の違いが影響しています。”時間”に対する価値観が日本とは全く異なります。これは日本とフィリピン間だけの問題ではなく、様々な国に言えることです。特にパーティーに招待されたり、家に呼ばれたりすると、集合時間に対する価値観の違いが明らかになります。

Cultural-differences

英語圏

本格的なパーティーから気軽にできるホームパーティーが多い英語圏。集合時間に少し遅れて到着するのが良いとされます。時間通りに行っても、まだ準備ができていないの。と言われます。集合時間の30分後ぐらいが丁度良いそう。
しかし、仕事(ビジネス)では時間はきっちり守る人の方が、仕事ができる人だという認識があるのだそうです。仕事では5分前行動が基本。

中南米

時間にかなりルーズなイメージが強い中南米。基本的に30分の遅刻は当たり前のため、誰も遅刻してきたことに対して怒る人はいません。人によっては3時間も遅刻してくることも・・・

foto de nanao 766

守る時間

フィリピン人でも必ず守る時間、というものもちゃんと存在します。それは飛行機と船の時間です。フィリピンは島国のため、国内を移動する際に飛行機か船を利用しなければなりません。飛行機や船は、フィリピン人にとって決して安い乗り物ではありません。そのため飛行機や船の時間は守り、2時間くらい前から空港や港に着くように家を出ます。

24030

価値観の違い

日本で生活をしていると、自分の意思で動いているように見えて、意外と時間に動かされているという感覚になります。フィリピンでは、時間に追われずゆったりとした時間の中で生活をすることができます。「フィリピンタイム」はフィリピン人の時間のルーズさを現した言葉ではなく、心のゆとりを現した言葉なのかもしれません。

IMG_7961

グローバルスタンダード

DAREDEMO HEROではグローバル人材育成のため、時間をきっちり守るように教育しています。フィリピンでは、授業に遅れることは当たり前ですが、HERO’S HOUSEでは、1分でも遅刻すれば授業を受けることができません。それぞれの国によって、時間に対する価値観は違いますが、DAREDEMO KISDには将来どこでどんな職業についても困らないように、グローバルスタンダードの教育を行っています。