日本でご飯のおともといえば納豆、梅干し、つくだ煮など様々あります。フィリピンのご飯のおともはどんなものでしょうか。

フィリピン版塩辛(?)

ごはんのおともとして食べられるものに「ギナモス」という食べ物があります。「ギナモス」は「バゴーン」や「イスダ」などとも呼ばれ、同様のものが東南アジア全土にあるようです。ただ、製法や使うものが少しずつ異なり、少しずつ味も違うようです。ギナモスは、日本でいうちりめんじゃこや小エビをショウガがピーマン、ニンジンなどと一緒に塩漬けしたものです。中には、豚肉を細かくしたものが入っているものもあります。昼食の際に出してみると、子どもたちからもフィリピン人スタッフからも歓声が上がっていたので、とても人気なご飯のおとものようです。

DSC_0330

ギナモスはカルボンマーケットなどでは、70リットルは入りそうなポリバケツいっぱいに売られています。HERO’S HOUSE2の周辺にも売っている店があり、写真にあるような小瓶で35ペソ(約80円)でした。また、この3倍ほどの大きさの瓶でも60ペソ(約140円)です。この安さもフィリピンの人々に愛される理由かもしれません。

DSC_0322

いざ、実食!

味はというと、日本の塩辛の倍以上のしょっぱさです。ギナモスだけを食べ続けることは難しいです。お店では常温で販売されていたので、足が早そうに見えましたが、これだけのしょっぱさであれば保存食なのも納得です。同時に唐辛子がしっかりと効いているようで、ピリッとした辛さが塩辛さの後にやってきます。きっとティースプーン1杯分もあれば、ご飯が2杯は食べられるのではないかと思います。ちなみに、ご飯のおともとして食べる以外にも蒸したグリーンマンゴーやグリーンバナナにのせて食べてもおいしいそうです。

ギナモス banana

文化を伝える

ギナモスはフィリピンの食文化の一つです。私は日本にいる時に、日本の文化を調べる機会はほとんどありませんでした。こうして海外に出て、異国の文化に触れて初めて日本の文化を再発見する毎日です。
それぞれの国の文化には、その国の風土や歴史が強く反映しています。自国の文化を理解するためにも、他国の文化に触れることは非常に大切なことだと思っています。これからもDAREDEMO KIDSが様々な文化に触れる機会を提供し、同時にフィリピンの文化を理解し、伝えることのできる人材になるようサポートしていきます。

180re