当団体のシティーツアーは「観光」ではありません!スラム街やゴミ山などで多くの発見と学びがあります!

生きていく上での視野を広げる大きな体験!

今回わたしは2週間、ボランティアとしてDAREDEMO HEROに受け入れていただき、様々な経験をさせていただきました。

★ シティーツアー
シティーツアーでいちばん衝撃を受けたのはごみ山です。ただただ、ごみだけが自分の身長の何倍もの高さまで積み上げられている。こんな風景は見たことがありませんでした。フィリピンにはごみを処分するための巨大な焼却炉がなく、生活の中で出されるごみが溜め続けられるのかと思うとすこし怖くなりました。

★ 小学校で子供たちへの授業
授業のテーマで「ゴミ問題」を扱いました。確かに小学校の菜園で作業しているときもたくさんのプラスチックごみが落ちているのを見かけ、セブの街中でも当たり前のように多くのゴミを目にしました。ごみを適切な場所に捨てずにいわゆる「ポイ捨て」をすることにより洪水や健康被害がもたらされ、ごみを捨ててしまった自分自身を苦しめる結果になる、という内容で授業をしました。が、ごみ山を見てしまった以上、もし今回わたしたちの授業を受けた子供達が適切な場所にごみを捨ててくれたとしても、そのゴミが溜められる一方なのだと思うとなんだか複雑な思いもありました。しかし、この授業で一緒に取り組んだゴミ拾いのあとに子供たちにどんな気分かを問いかけると、「気持ちいい!」と言ってくれて、その清々しい顔を見ると、街中や身の回りのごみが減ることは決して無駄なことではなく、今回の「ゴミ問題」を扱った授業も極めて微力ではあるかもしれませんが、フィリピンのゴミ問題の未来を少しでも良い方向に変えられれば良いなと思いました。

★ HERO’S HOUSEでの授業
HERO’S HOUSEの子供たちにも授業をさせていただく機会をいただきました。日本人である私がフィリピン人の子供たちに対して一番伝えたいことは何か、と考えましたが、簡潔そうに見えてとても難しいことでした。日本の文化を伝え、日本語を勉強している彼らがいずれ日本で働くことに興味を持ってもらえたらいいなと思いましたが、日本の文化を伝えることが本当にその子たちの学びの財産になるのかわからず、悩みました。最終的にスタッフの方からアドバイスをいただき「日本の四季と擬音語」というテーマで授業をし、四季の移り変わりにともなう日本人の心境や感覚の変化から生まれた擬音語を紹介しまし た。一年中暑いフィリピンでは感じることがない日本独特の感覚を伝え、擬音語から日本語にさらに興味を持ってもらえたらと思います。授業が終わったあとに降った雨を指して、「ざあざあ」と私が教えた単語を使ってくれたのが本当に嬉しかったです。

★ コミュニケーション
二週間フィリピンで過ごしている間に気づいたのは、自分が英語でのコミュニケーションが思いの外できないということです。航空券のリコンファームで電話応対してくれたフィリピン人の方の英語や、ゆっくり話してくださる英会話の先生の言葉でも、聞き取れないことがありました。わたしは今まで、英語を勉強の一部としてしか捉えたことがありませんでした。しかしフィリピンで過ごすうちに、相手の話していることが理解できて、それに対して自分の意見があるのに、それを相手に伝わる言葉で表現できないことがどれほどもどかしいことかを思い知らされました。受験が終わって大学の勉強に追われる中で、これから必要のない知識は消えてもいいから、新しいことを覚えたいと思っていた数ヶ月前とは違い、気がついたら頭の中にある英語の知識をどうにか思い出して英会話の先生と話そうとしていました。そして英語をテストの点数や順位のようなもののためではなく、自分のために学びたいと思いました。

★ 英会話レッスン
最終日の英会話レッスンを担当してくれたフィリピン人スタッフのRHONAが、「あなたはたまに、にこにこして話を聞いているだけのことがある!恥ずかしがらないで!」と言ってくださいました。まさにその通りだと思いました。もっと自分からいろいろな人に英語で話しかけることができれば、吸収できたことの数も、思い出の数も、増えたのかもしれない。そう考えると、海外ではなおさら「積極的に物事に向かっていくこと」が大切なことなのだと気付かされました。

★ まとめ
このスタディーツアーではたくさんの人に出会うことができます。自分が今生活している世界では出会うことができなかったであろう人から、多くのことを学ぶことができます。セブで経験したすべてのことが、私自身が生きていく上での視野を広げる大きな要素になったのではないかと思います。スタッフの皆さん、一緒に活動してくれたボランティアの皆さん、ありがとうございました。ここで出会ったすべてのもの、すべての人が宝物です。

DCIM0176塩手 ひとみさん 20代 女性