なぜ海外でボランティア?

「なぜ日本でボランティアをやらないのか?」
「日本にも困っている人がたくさんいるでしょ?」
「熊本の地震被災地支援はどう考えているの?」
 など、様々なことを尋ねられます。

私たちの理念

 私たちの団体では、スタディーツアー中【団体説明】にその多くの時間を割きます。それは「伝えることの難しさ」「伝えることの大切さ」をわかっているからです。当団体には【基本理念】があり、それに基づいて活動を行っています。それをわかっていただかなければ『誤解が生じる』のです。また理解力の乏しい方も、断片的な内容だけを掻い摘んで『誤解』が生まれることもあります。当団体が行うプロジェクトは20近くにもなります。しかし、その一つ一つのプロジェクトだけでは、当団体のことは理解できません。

別に「自分」がやらなくても良かった!

 私は好きな仕事を辞めて(休職して)までここフィリピンで団体を立ち上げる必要はなかったのです。私の理想は『私が日本でお金を稼ぎ、誰かが貧困問題を解決する、誰かに私の考えを実行してもらう』ことだったのです。しかし、実行してくれる人がいませんでした。それどころか、話さえまともに聞いてもらうことはありませんでした。つまり、私が実際に行動に移すしか方法はなかったのです。お金が有り余っているわけでもありませんし、実際に今でも『フィリピンが死ぬほど好きだ!だから絶対にフィリピンに住みたい!』と思っているわけでもありません。しかし、私はフィリピンに住むことを決めました。

たまたま遭遇したのです!見てしまったのです!

 私は以前働いていた吉祥寺でこんなことがありました。仕事を終えて21時くらいにホテルに向かうため新宿行きの列車を待っていました。反対ホームにいた酔っ払いの男性をみていたところ、新入社員風(服装からそう思いました)の男性と、肩が触れ合い前向きに倒れこみ、すぐにその周りは血の海となりました。
 その時です、忘れもしません。周りにいた人たちは、少し距離を空けて、誰も何もしなかったのです。私は駅員に状況を伝え、至急、救急車を呼んでもらいました。反対ホームにいくと、ちょうど電車が到着し、周りの人たちはそのまま他人事として電車に乗り込んで帰って行ったのです。状況が分からない車内の人たちは、近くにいる私のことを、私が暴行を加えた犯人のような眼差しで見ている人もいました。
 私はぶつかった人をはっきりと覚えていました。その人は遠くでじっと眺めていただけでした。救助隊が来て病院に運ばれた後、その男性にそっと話を聞きに行きました。すると「怖くなって逃げてしまった。しかし、その後が心配になって戻ってきて遠くで見ていた」ということでした。

 「仕事で疲れているので早く帰りたい」
 「反対側のプラットホームだからわざわざ行く必要はないだろう」
 「自分でなくても誰かが助けるだろう」
 「自分には何もできない」
 「自分は医者ではない」
 「誰かにみられるかもしれない」
 「恥ずかしがりやでできない」
 「みんなに注目されてしまう」など

言い訳や何かしら理由を付けて【見てみぬふりをする】ことは簡単に出来ます。
しかし、私はそのとき【見て見ぬふりをすることが出来なかった】のです。

もし、自分が倒れた人の立場であれば?と考えるとゾッとしませんか?
もし私が行動しなければどうなるのか?『使命感』のようなものを感じたのです。
かっこよく言いすぎました。正確には『危機感』を感じました。
私が勇気を出して行動していなければ、酔っ払い男性は『命』を失っていたかもしれないのです。
もちろん、世の中には苦しんでいる人はたくさんいます。
全てに対して何かをすることは出来ません。
大それたことは出来ないかもしれません。
しかし、たとえほんの少しであっても、世の中に対して何かできると考えています。

私たちは『貧困問題の根絶』に向けて活動を行っています。
私は自分の『出来る範囲で、出来ることを行動』に移しているのです。
『たまたま』フィリピンの貧困層に出会ったのです。
そこから多くの人たちとの「出愛」が生まれたのです。
そこで「何かができるのでは?」と考え始めたのです。
そして「その方法を発見」したのです。

私には「家族」がいるから。
私には「お金」がないから。
私には「時間」がないから。
私には「余裕」がないから。
「偽善者」だと思われたくないから。
「何をしていいか」わからないから。

など、色々な理由を付けて、何もしない人・何もできない人たちがたくさんいます。
やらない言い訳を出来る人たちがたくさんいます。
別に「直接的に行動」しなくても構いません。
そういった勇気を出し頑張っている人たちを応援することで「間接的に行動」することが出来ます。
それは「行動している」ことを意味するのです。
残念なことに行動している人を非難する人たちが沢山います。

「そんなことをしても無駄だ」
「そんなことをしても解決できるわけがない」
と言われることがよくあります。

【見て見ぬふりをしている人】が【危機感を感じて勇気を出して行動している人】を非難する。そんなのはおかしいと思いませんか。

もし非難するのであれば、その前に代替案を出していただきたいです。
それを実行していただきたいです。
なにかしら主体的に責任を取っていただきたいです。
もし賛同できるものであれば私たちも一緒に行動したいと思います。