DAREDEMO HEROでは里親制度を行っております。子供たちにとって里親様は第2の親であり、その里親様が会いに来てくれることを何よりも楽しみにしています!!

一番のおしゃれをしてお出迎え

先日HERO’S HOUSE2のイボンとレイヤをご支援くださっている、MAKOさんが日本から2人に会いに来てくれました。2人にとって、里親さんが会いに来てくれるのは初めての経験です。普段からおしゃれが大好きなイボンは、いつもにも増しておしゃれをして、MAKOさんをお出迎えしていました。貧困地区の奥まった地域に立つイボンの家と、周辺の高級ホテルやショッピングモールとのギャップは、何度見ても違和感を覚えます。
レイアの家は、さらに奥まった貧困地区にあり、普段はものがたくさん置いてある印象がありましたが、里親さんをお迎えするとあって、数日前から大掃除をしたようです。すっきり片づけられたお部屋を見ると、どれだけレイアが里親さんに会えることを楽しみにしていたか想像できます。

DSC02568 DSC02571

貧困地区の現実

MAKOさんは、これまでにも何度もセブを訪れ、DAREDEMO HEROの活動に参加いただいています。貧困地区を訪れることが初めてではないMAKOさんにとっても、目の前の身ぎれいなかわいい子供たちが、このような地区に住んでいることは驚きだったようです。
DAREDEMO HEROでは、子供たちに「HERO’S HOUSEに来るときには最高のおしゃれをしてくるように」と指導しています。まずは外見を整えることにより、自分に自信を持ってもらいたいからです。必要な洋服やアクセサリーの支給もしっかりと行っています。
そのため、子供たちはいつもきれいな洋服を着ています。お風呂もシャワーもないのが当たり前の家でも、しっかりと近くの公衆水浴び場で体と髪を洗ってやってきます。

DSC02572
レイアの家の近くの公衆トイレと水浴び場

楽しい授業を行う鉄則

今回、MAKOさんのお友達NORIKOさんもご一緒にご訪問いただきました。NORIKOさんは日本で子供向けの塾を経営されており、今回は特別に子供たちに日本語と英語の授業を行っていただきました。授業はさすがプロの先生とあって、とてもテンポよく、リズミカルな授業で、子供たちもとても楽しみながら学んでいました。
現在、サマークラスを毎日行っていますが、ついつい教えることに夢中になり、自分が楽しみながら教えるまでの余裕を持てずにいました。NORIKOさんの楽しそうに教える姿と、その授業を楽しそうに受ける子供たちを見て、教えるほうが楽しまなければ、子供たちも楽しくないのだと改めて痛感しました。

18195957_1197377043718315_958636395_o 18197617_1080519652090639_535296743_n

新しい出愛

DAREDEMO HEROでは今回のような素敵な出愛がたくさんあります。まだまだ小さな団体ですが、ご支援くださる方々のご紹介によって、少しずつその輪が広まっています。今後も、ご支援者様と子供たちの良き懸け橋となれるよう努めてまります。ぜひ、皆様も子供たちに会いに来てください!

▶里親制度について詳細はこちらをご覧ください。