今日から夏休み特別企画「この子、どんな子?」と題して、奨学生一人一人について紹介していきます!

記念すべき第1回はHERO’S HOUSE1の文学少女リアンについて紹介します!

リアンは2001年12月21日生まれの15歳です。彼女はタランバン高校に通っていますが、家庭の事情で学校の遠くに住んでおり、学校のある日は毎日5時に家を出る生活を送っています。学校でも頑張っており、2年連続で成績優秀者として表彰されています。6月からは高校4年生になり、来年にはシニアハイスクールに進学する予定のため、シニアハイスクールで学年1位を取りたい!とやる気満々です。

Leanne eyecatch

趣味は読書と音楽鑑賞

そんな彼女は、本を読むことが本当に好きで、時間があると本を読んでいる姿をよく目にします。読んでいる本の種類は様々で、ミステリー、サスペンス、小説などで、英語の漫画なども読んでいます。なぜ、本を読むのが好きかとリアンに尋ねてみると、「論理的な考え方ができるようになるからで、人生に必要な多くのことを学べるからだ」と言っていました。

DSC_0437
安河内先生にご寄付いただいた推理ものの漫画が今はお気に入りです。

また、音楽を聴くのも好きです。英語やタガログ語の曲はもちろん、韓国語の曲なども聞いています。音楽の歌詞の意味していることを考えることが好きで、本当にいろいろなことを考えているのだなと驚かされます。また、理由の一つに音楽を聴いていれば、節約できて新しい本が買えるというのもありました。本当に本やことばが大好きなようです。

会計士になるのが夢

リアンの夢は会計士になることです。自分の持つ数学のスキルを活かしたいというのが理由の一つです。リアンの両親のかつての夢も会計士だったために、両親のかなえられなかった夢をかなえてあげたいという気持ちもあります。また、もし公認会計士になれることができれば、学校に行けない子どもたちのための学校を建設したいという夢を持っています。会計学を修了したら、ほかの学問も勉強してみたいということばからは、非常に強い向学心を感じました。

話し合い中
ゲストの方に自分の夢について話しています。

今年は自己研鑽の年にしたい!

リアンの今年の目標は、自分を高めることです。彼女にとって、今年は様々な場所で、様々な人に会って、もっと新しいことを学んでいくことに挑戦する年です。また、リアンの妹も自分で日本語を勉強しているので、妹に負けないように日本語を頑張って勉強しています。家でもリアンと妹は時々、日本語クイズをやっています。また、勉強のためにも趣味としても、より多くの本を集めたいと言っていました。

現在、夏休み特別授業のチューターもつとめています。また、本は一生ものの知識を与えてくれます。これからも彼女はどんどん成績を伸ばしていくことでしょう。これからの成長が楽しみです。