第5回はHERO’S HOUSE2のケイシャについて紹介します。

ケイシャは2007年3月16日生まれの10歳です。彼女は非常に気が利き、HERO’S HOUSEでは掃除や食器洗いなどの仕事を率先して行ってくれています。彼女は、親せきの家の一室を間借りして、住んでいます。家の中には彼女の小学校入学の際の記念写真が飾られていました。また、一歩外に出るとケイシャの親せきが、「ケイシャ、いってらっしゃい!」などと彼女に言ってくれます。たくさんの人に囲まれて、彼女は成長しています。

ケイシャ オンリー

夢はいろいろな料理を作る料理人!

彼女の夢は料理人になることです。そして、家族や親せき、困っている人を助けたいという思いを持っています。彼女の住んでいる地区には、その日に食べるものにすら困っている人々がたくさんいます。だからこそ、その人々に食べ物を作り、分けてあげられる料理人という道を彼女は目指しています。

ケイシャの好きな食べ物は魚です。日本のように生の魚が食べられるわけではないので、魚は干物として食べられることが多いです。また、このフィリピンで食べられる魚の干物は、日本のものよりも数十倍しょっぱいです。彼女は「お酢につけて食べるとおいしいんだよ!」と、教えてくれました。確かに、お酢の酸っぱさがちょうどよく、しょっぱさを中和してくれます。将来、魚料理の得意な料理人になることでしょう。

多くの人に囲まれて

ケイシャの趣味はバレーボールをすることです。彼女のいとこがバレーボールの選手で、そのいとこに教えてもらってできるようになり、好きになりました。子どもたちはこのように、周囲の人々から様々なことを教えてもらって、すくすくと成長しています。

ケイシャ一家
ケイシャの家族です。

勉強大好き!

今年1年はもっともっと勉強したい!と意欲たっぷりです。勉強が好きなケイシャは、DAREDEMO HEROでたくさんのことを勉強できて、とても幸せだと言ってくれました。現在の夏休み特別授業でも、積極的に活動している姿をしばしば見ます。日本語の授業で分からないことがあれば、真面目なケイシャは授業後に質問をして、分からないところをしっかり解決しています。また、英語や数学の時間のゲーム型の授業でも笑いながら、真剣に取り組んでいます。

DSC_0288 英語 授業中
左:日本語の授業中のひらがなTシャツづくり 右:英語の授業でのアクティビティー

まだまだこれから彼女は様々な周囲の人の影響を受けながら、成長していきます。6月からはGRADE5(日本の小学校5年生)になります。この真面目さで今後も頑張ってほしいと思います。