先日、HERO’S HOUSE1と2の子どもたちが通うそれぞれの学校からDAREDEMO HEROが表彰を受けました!今回はHERO’S HOUSE1の子どもたちが通うタランバン小学校で行われた式典の模様をお伝えします!

フィリピンの学校行事は朝が早い!?

5月11日にはタランバン小学校で表彰式が行われました。この表彰式は「BRIGADA ESKWELA」という新年度を迎える準備の行事の一環として、過年度に学校に貢献してくれた人や団体の表彰式として行われました。DAREDEMO HEROは子どもたちの教育支援に加えて、日本とフィリピンの文化交流の業績が認められ、表彰されました。事前に連絡されていた開始時刻は午前7時でした。フィリピンの学校には日本のような体育館がないため、涼しい朝か夕方に屋外で式典を行います。

tarporin

事前に連絡された時間である午前7時に学校に行ってみると、ほとんどだれもいませんでした。そのため、一度引き返し7時半に行ってみると、「これからパレードをやるから、式典はパレードのあとね!」とあっさりと言われてしまいました。ちなみに、パレードは「BRIGADA ESKWELA」と書かれた紙を乗用車に張り付け、その車に先生たちが乗り込み、タランバン地区を一周するというものでした。

BRIGADA ESKWELA

表彰式スタート!

結局、表彰式が始まったのは8時でした。壇上には校長先生、教頭先生、PTA会長と、スタッフのダイアンとマーニーが並びました。今回の式典の出席者は、ほとんどがタランバン小学校の先生たちとALSクラスの生徒です。総勢50人ほどのアットホームな式典でした。表彰式の流れは日本とほぼ同じです。国歌斉唱、校長先生のスピーチ、PTA会長のスピーチと続きます。それらが終わると、いよいよ表彰です!DAREDEMO HEROのほかにもスーパーマーケットのMetoroや、Julie’s Bakery shopなどの近隣の店舗も表彰されていました。

School Principal certificate

表彰の後は、ズンバです!簡単に踊り方のレッスンがあった後、みんなで踊ります!フィリピンでは卒業式がダンスで始まるなど、ダンスと式典はセットです。私は式典でダンスを見るのは今回が初めてだったため、日本の厳粛な式典のイメージとの違いに驚かされました。

dancing1 dancing2

ASLとは?

式典の出席者の中に、写真のような横断幕を持った人々がいました。気になって調べてみると、ALSとは「Alternative Learning System」の略で、学齢期に学校に通えなかったり、ドロップアウトしてしまったりした人たちのためのクラスのことでした。日本では、小学校でのドロップアウトはほぼありませんが、フィリピンでは主に経済的理由でドロップアウトする子どもがいます。HERO’S HOUSE2の子どもたちが通うルズ小学校の昨年度の退学者は30人(全体の1.47%)、ルズ高校の退学者は49人(全体の5.43%)です。

ALS

これからも地域とともに

今回の表彰を受けて、今後も子どもたちへの学習支援を行うとともに、日本とフィリピンの架け橋になる活動を続けていきたいと強く思いました。これからも地域や学校に貢献しながら、活動を進めていきます!