第10回はHERO’S HOUSE2のレイアについて紹介します。

レイアは2005年12月31日生まれの11歳です。彼女は非常に社交的で、ゲストの方にも自分から積極的に話しかけている姿をよく見かけます。また、非常に努力家で、特に日本語の成績はHERO’S HOUSE2で1,2を争うほどです。日本語の授業では、英語で書かれた単語を日本語に直して、平仮名で書くというテストを行っています。そのテストでは、HERO’S HOUSE2トップの成績をとっています。

IMG_2159 Lea playing

彼女は現在、彼女の姉と父と同居しています。彼女の家は路地の奥まった場所にあり、6畳ほどの部屋に3人で生活しています。彼女の父は高齢のため、レイアと彼女の姉が手助けをしながら生活しています。家族3人で手を取り合って生活しているという印象でした。

Lea family

将来は素敵な先生に!

レイアの将来の夢は先生になることです。その理由は、彼女の家族も含めたみんなを助けたいからです。また、子どもたちに読み方や書き方を教えたいという思いを持っています。日本では「読み・書き・計算」は学習の基本だといわれますが、フィリピンでは「読み・書き」が特に重要視されています。そのため、彼女はこの2つをしっかりとおしえられる先生になりたいと考えています。

また、学校でもconduct aword(行動賞)を受賞しており、周りを引っ張っていくリーダーとして既に学校でも、HERO’S HOUSEでも活躍しています。彼女自身も自分の良いところに、他の人を助けられることを挙げており、既にリーダーとしての自信がついています。

Lea conduct aword
conduct awordのメダルをもらったときは、とびきりのおしゃれをしていました。

数学って楽しい!

レイアは数学も大好きです。問題を解くのがとても楽しいから数学は好きだ!と言っていました。以前、レイアがニコニコして数学のプリントを解いていたので、なぜそんなに嬉しそうなのかと聞いてみると、難しい問題が解けたときは幸せな気持ちになれるんだ!と嬉しそうに話してくれました。数学の時間には悩みながらも、いつも楽しそうに問題を解いています。彼女は自分ができなかったことは、早く解決しようと一生懸命努力します。その努力が数学や、他の教科の成績につながっています。

Lea studying

たくさんのことを教えられるように

彼女は今後、「もっともっと日本語、数学、英語について勉強したい!なぜなら私はたくさんのことが教えられる先生になりたいから!」と笑顔でした。将来の夢に向かって日々、邁進しています。たくさんの人と積極的にかかわることができ、これほどまでに勉強熱心な彼女はきっと素晴らしい先生になることでしょう。

彼女は6月からGRADE6(小学校6年生)になります。持ち前の社交性の高さとリーダーシップでこれからも頑張っていってほしいです。