HERO’S HOUSE2のハナについて紹介します。

ハナは2004年12月16日生まれの14歳です。現在、ルズ高校に在学しています。彼女は、家族想いのとても優しい子です。

IMG_2165

ハナの夢

ハナの将来の夢はシェフになることです。ハナは将来、シェフになって自分のように食べ物を満足に食べることのできない子どもたちに、栄養のあるおいしいご飯を作りたいという素敵な夢を持っています。ハナの以前の夢は看護師になることでした。夢が変わった理由をハナに聞くと、「看護師も素敵な職業だけど、病気になる前に私の料理でみんなの健康を守りたいから!」と教えてくれました。

自分のためだけでなく、人のためにもなる夢を語る彼女はキラキラしています。

ハナの家族

ハナも、他のDAREDEMO KIDS同様、複雑な家庭環境に育っています。母親はハナが幼いころ、姉とハナを置いて家を出てしまいました。また、ハナは2018年7月にお父さんを病気で亡くしています。ハナの父親は重度のアルコール中毒で決して「いい父親」ではありませんでした。しかし、ハナにとっては大切な父親には変わりなかったので、ショックも大きかったようです。直後は少しふさぎ込んでしまったようですが、家族や友達の支えもあっていつもの元気なハナに戻りました。お昼休みのHERO’S HOUSE2には彼女の笑い声が響いています。そんな彼女を見ているとこっちまで自然と笑顔になってしまいます。

ハナは現在おばあちゃんと暮らしています。「ハナは放課後も遊びに行かず、家の手伝いをしっかりしてれて、とても助かっている」とおばあちゃんは言っていました。また、ハナの夢についてどう思うか聞くと「彼女の夢をずっと支える続けたい」と強いまなざしで語ってくれました。

学べることの喜び

勉強中のハナはいつもニコニコ楽しそうにしています。ある日、何か面白いことがあるのか尋ねていましたが、答えは「勉強が面白い!」ということでした。
日本のように、勉強ができて当たり前の環境とは異なり、フィリピンでは勉強がしたくてもできない子供たちがたくさんいます。その分、子供たちは学べることの尊さ、そして楽しさを日々感じているのだと思います。

DSC00076