フィリピンの学校には、日本では見慣れないイベントや授業がたくさんあります。そのひとつが先日行われた「JOB CAREER」のイベントです。

様々なイベント

先日の「フィリピン式食育授業!? 」をお伝えしましたが、フィリピン独自のイベントや授業はこれだけではありません。

DSC02041 DSC02473 DSC08814
     国連の日          コスプレコンテスト          Philippines day

様々なイベントがありますが、並べてみるとほとんどが「衣装」を必要とするイベントです。これらの衣装はもちろん各自で準備しなければいけません。その結果、おのずとこのような図式が出来てしまいます。

お金持ちの子供=豪華な衣装
貧困層の子供=質素な衣装(もしくは準備できない)

これらの衣装が成績に反映されることもあり、貧困層でも様々な工夫をして衣装をそろえて参加しています。

JOB Carreer class

先日、子供たちの通うLUZ小学校で「将来の夢の衣装を着る」イベントが開催されました。子供たちはそれぞれ工夫を凝らした衣装を準備し、CAや看護師の制服をまねて学校に向かいしました。

DSC04235 DSC04237
スーツケースはDAREDEMO HEROから貸し出しをしました。

この授業の目的は、衣装を着ることにより将来の夢を具体的にし、夢の実現に向けてさらに努力をすることだそうです。校舎にはたくさんの小さなナースがあふれており、ナースがフィリピン人の女の子の将来の夢ランキングのトップ1であることを改めて感じました。

子供たちのために

フィリピンの学校では、このように衣装を必要とする授業が多いため、DAREDEMO HEROではご寄付いただいた洋服の中から、このような授業で使えそうなものをキープし、貸し出しを行っています。中でも浴衣は人気で、子供たちは自分で着られるように着付けも勉強しています。

DSC09448 DSC04277

フィリピンにはウカイウカイと呼ばれる古着屋さんが多く、それらしい衣装を探すことはできますが、貧困層にとっては古着ですら用意できないことがあります。そんな場合でも、DAREDEMO HEROの子どもたちは皆さんから頂いた古着を上手に使って立派な衣装を作り上げます。
お金をかけて準備した新品の衣装も素晴らしいですが、DAREDEMO KIDSのようにお金をかけずにあるもので工夫を凝らして準備した衣装もさらに素晴らしいものです。学校も子どもたちの工夫を評価してくれればいいのですが・・・