第24回の今回はHERO’S HOUSE1のエレインについて紹介します。

エレインは2005年11月15日生まれの11歳です。当団体奨学生のエラと双子です。顔はよく似ていますが、見分けるポイントとしてはエレインはエラと比べて少しだけ背が高いです。エレインはいつも冷静に物事を見ています。

DSC03002

エレインはエラと父母と一緒に暮らしています。家は高級住宅街を抜け、舗装されていない坂道を上り、車が入れないような細い道を通ってようやく到着することができます。貧困層の集落の中にあるため、隣の家との間を通り抜けられないほど家がひしめき合っています。そんな小さな家に一家4人で住んでいます。

DSC04068 (3)
右から2番目がエレイン、3番目がエラです。

看護師への長い道

エレインの将来の夢は看護師になることです。彼女は積極的に人を手助けすることができ、昨年度末には他者への献身が評価され、「Most Helpful Aword」という賞を受賞しています。人の手助けがしたいという思いから、彼女は看護師を目指しています。

フィリピンでも看護師になるためには、まず、4年制大学に通う必要があります。学費も安いものではなく、70万ペソ(約150万円)程度は4年間で学費としてかかります。月収が3000ペソ程度の貧困層の家庭にとっては看護系大学に通うことは夢のまた夢です。そして、ようやく看護師の国家試験への受験資格を手に入れます。その国家資格は受験者数と合格率により多少は変動しますが、500問中375問(約75パーセント)を正解すれば、合格となります。そのようにして、正看護師の資格を得たのち、フィリピン国内で3年間の実務経験を積むことで、日本などの海外で働くことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA elain1
ゲストの方に自分の夢について語っています。

シンデレラが好き!

エレインの好きな本は『シンデレラ(灰かぶり)』です。日本でも女の子の好きな本としてしばしば挙げられますが、フィリピンでもそれは同じようです。ちなみに英語版でのシンデレラの本名は「エラ」なのです。「Cinder Ella(灰まみれのエラ)」と継母たちが呼んだことから、このお話の名前はシンデレラになったとされています。エレインが好きな本として『シンデレラ』を挙げたことに少し驚きました。

日本で看護師に!

今年の目標は、一生懸命勉強して、幸せな気持ちで小学校を卒業することです。また、将来は日本に行き、看護師として働くことが彼女の目標です。今年はいよいよ小学校の最終学年です。彼女の言っているように幸せな気持ちで小学校生活が終われるように、勉強面での努力をより重ねていってほしいと思います。そして、彼女はいつか夢を叶え、日本で看護師として働いていることでしょう。