みなさんこんにちは!今回はDAREDEMO Kidsの間で流行している勉強方法?遊び?を紹介したいと思います!

最近の流行は・・・

子どもたちは放課後HERO’S HOUSEにきて宿題や、英語・日本語・数学のテストや勉強、日記を書いたりします。それらがすべて終わった後に、最近良く見る光景は先生ごっこです!誰かが先生になりきって授業をします。その内容は、日本語の会話フレーズだったり、お箸の使い方だったり、ズンバだったり、ただ学校の先生の真似だったり様々です。生徒役の子どもたちは、真剣に授業を受けていると思いきや、わざと笑いを堪えていたり、堪えきれずに大笑いしてしまったりと、本当に仲の良さが伝わってくるぐらい楽しい光景が見られます。
もちろん楽しいだけでなく、ゲストさんに対して行う日本語での自己紹介を向上させるために、自己紹介を録音したり、表情も確認するためにビデオをとったりしてよく確認し合っています。子どもたちにとって、サ行とウ段の発音は難しく苦戦していますが、一生懸命に練習に取り組んでいる姿が見られます。

 

さらに・・・

そしてまだあります!子どもたちの間で流行していること!それは、モデルごっこです。司会者、撮影者、ポーズ指示者、モデルと結構本格的に分かれて、これにもまた真剣に取り組みます。ランウェイを歩いたり、写真をとったりと、本物のモデル顔負けの顔でやりきります。
フィリピンでは、幼稚園から「ミスコン」が開催されるほどのミスコン大国です。そのため、このようなモデルごっこ、ミスコンごっこはどこの地区でも見かける、子供たちに人気の遊びです。日本ではなかなか見かけない分、子供たちの「なりきり具合」がとても微笑ましいです。しかし最後には、恥ずかしさが勝ってしまうのか大笑いで終わってしまいます。

 

このように、DAREDEMO Kidsは勉強にも遊びにも全力です。ゲストの方はよく、子どもたちの笑顔・人懐っこさ・明るさに驚かれます。子どもたちは、好奇心が強く、ご訪問者様からたくさんの新しいことを学びたいといつも思っています。たまにシャイな面もありますが、子どもたちは心から皆さまとお会いし、学び合えることを楽しみにしています。

ご訪問の際は、どうやったら子どもたちと仲良くなれるだろうか、受け入れてもらえるだろうかなど、あまり深く考えずにいらしてください。英語が話せなくても、伝えようとする気持ち、子どもたちとの時間を楽しもうとする気持ちがあれば、自然と距離は縮まります。子どもたちはいつでも、ゲストの方々を歓迎する気持ちで溢れています。ぜひ1度、笑顔溢れる子どもたちに会いにいらしてください!