朝からフィリピンの道路は大賑わいです。その理由の一つが、朝市!!今回は朝市について紹介します!!

道路にはみ出す・・・

大通りの歩道に沿って並ぶ朝市、ほとんどのお店が歩道だけで収まりきれずに、車道にまで売り物がはみ出しています。車道にはみ出しているのは商品だけではありません。お客さんももちろん車道にはみ出しています!
朝の道路は通勤・通学手段として利用されているジプニーやハバルハバルで溢れているため、轢かれないか見ている私がひやひやします。しかし実際に歩いてみると車のサイドミラーにぶつかりそうになるときがありますが、轢かれそうで轢かれません。野良犬もそのことをしっているのか堂々と車道を歩いています。また、みんな笑顔でハロー、こんにちは、アンニョンなどと声をかけてくれるので、朝から幸せな気持ちになれます。


朝の通勤・通学風景

魅力たっぷり朝市

売っているの物は、フィリピンのストリートフードから、フルーツ、野菜、そして魚介類、掃除道具や洋服など様々です。驚きなのはその新鮮さです!魚介類の前を通っても嫌な臭いはありません。野菜やフルーツに関しては、スーパーで買うよりも新鮮です。さらにもっと驚きなのは、その安さ!バナナは1キロ25ペソ~(約54円)、マンゴー1キロ110ペソ~(約235円)で買うことができます。

 

私、個人的にアボカドがとても好きなので、アボカドの話をさせていただきます。なんとフィリピンでは、1キロ40ペソ~(約86円)で買えます。アボカド2個約60円で買えてしまいます!オーストラリアでは2個約480円でした。さらに、フィリピン人スタッフの家の近くにはアボガドの木があるそうで、私がアボガド好きだと知り、よく採れたてのアボガドを持ってきてくれます。ただ、フィリピンではアボカドはフルーツの部類でスムージーやアイスとして食べられています。(詳しくはこちら!)そのため、サラダにして食べていると質問攻めにはあいますが、アボカドがこんなに安く手に入るフィリピン。これは間違いなく、私がフィリピンが好きな理由の1つです。


アボカドの木

新発見

フィリピンで歩道を歩くときに、本当によく人にぶつかります。避けようとしてもぶつかってしまうため「どうしてだろう」と悩んでいました。そこである日、歩道内で歩く・避ける方向を変えてみました。すると、ぶつかる頻度が大幅に減りました!
日本では、歩道内について右側通行か左側通行か明確な決まりはありません。しかし、歩道や駅を利用する際に左側通行が多いため、歩いたり避けたりするときに私は無意識に左側によける癖がついていたようです。まだまだ日本基準の感覚を持ってしまっている自分と、少し行動考えを変えるだけで問題は解決できることに気がつけました。

これからもどんどん、グローバル基準の感覚を見つけ身に着けたいと思います!