第29回の今回はHERO’S HOUSE2のセンディーについて紹介します!

センディーは2008年1月28日生まれの小学4年生です。彼女は自分でもチャームポイントが笑顔だ!というほどいつもニコニコと笑っています。実はその笑顔には勉強に対する熱い思いが隠れています。小学3年生の学年末には、学年トップとして表彰されました!ちなみに、全科目の平均点が97点という驚異の点数です!ここには彼女の集中力の高さが深く関係しています。学校の課題や日本語の課題を始めると、彼女は黙々と課題を進めていきます。自分で納得がいくまでしっかりと考え、集中できることが彼女の成績に直結しています。

将来の夢は先生!

彼女の夢は学校の先生になることです。先生になって、たくさんの子どもたちに勉強することの素晴らしさを伝えたいというのが、彼女が先生を目指す理由です。彼女の持つ勉強への情熱を伝えることができれば、きっと子どもたちはみんな勉強好きになることでしょう。学ぶということと、教えるということは表裏一体です。まずはたくさんのことを学んで、将来その教え方を彼女には学んでほしいと思います。


チャリズから日本語を教えてもらっています。

勉強以外でも大活躍!

彼女の学校のクラスでの役割は書記です。クラスで行われるディスカッションの内容をノートやホワイトボードにまとめるのが彼女の仕事です。ディスカッションの内容をきれいにまとめられるようになるためには、情報を整理する力が要求されます。今、彼女は一生懸命にこの仕事に取り組んでいます。

また、彼女はダンスが大好きです。先日、スタディーツアーで小学校を訪問した際にも、文化交流のダンサーとして選出され、私たちの前でフィリピンの伝統的なダンスを踊ってくれました。ダンサーになるためには学内選考で選ばれなければなりません。彼女はどんどんとダンスが上達しています。彼女は、ダンスを通して自分だけではなく、周りのたくさんの人を笑顔にしたいと考えています。これからもダンスの練習に励んで、コンテストにも参加してみたい!とやる気満々でした。

これからも文武両道で

このようにまさに文武両道を体現する彼女です。今年もまた学年1位になれるように、もっともっと勉強しないと!と、言っている彼女からは非常に強い思いを感じました。彼女の今年度の第1クォーターの成績表を見ると90点以上がずらりと並んでいました。今年も彼女は宣言通り学年1位をとるかもしれません。そして、将来は夢をかなえられるようにする!と意気込んでいました。

彼女は誰よりも高い集中力努力という2つの力を持っています。この2つの力を生かして、今後も活躍してほしいと思います。