当団体では子どもたちへの支援だけでなく、保護者への道徳教育、さらに生活向上のための支援を行っています。

ご支援者様からの素敵なご提案

感動スタジオ様は、結婚式や企業広告のためのパラパラ動画を作成されています。代表の村上様は、団体立ち上げ時より当団体をご支援いただいており、プロの漫画家さんによる絵画教室を開いていただいたこともあります。

 
3年前の絵画教室の様子

パラパラ漫画の作成には、大量の原画データが必要になります。その原画のデータ化を子どもたちのお母さんの仕事として初めてみてはどうかとご提案をいただきました。このトレーシング作業は、一見簡単そうに見えますが、非常に繊細な指先の動きを必要とします。まして、子どもたちのお母さんはパソコンに触れたことすらありません。パソコンのON/OFFの作業も分からない段階から、トレーシング作業を決められた期日内に仕上げるには、相当なトレーニングが必要です。

2ヶ月のトレーニング期間

貧困層のお母さんは、近所の家の掃除や洗濯をしたり、道端でお菓子を売ったりして、少しでも収入を得ようと頑張っています。しかし、その収入は1日で100ペソ(約220円)に満たないことく、収入に波があるため、安定した生活を送ることはできません。
子どもたちの将来のためにも、保護者には少しでも安定した収入が必要です。そのため、今回のご提案はお母さんたちにとっても非常に魅力的なものでした。しかし、日々の収入で何とか生きている貧困層にとって、賃金の発生しないトレーニング期間は非常に厳しいものです。それでも、ぜひやりたいと手を挙げたお母さんが、現在この仕事を担当しています。

感動を届ける仕事

日々の収入のために頑張るお母さんたちですが、そんなお母さんにも夢がありました。「先生になりたい」「看護師になりたい」「海外に行きたい」様々な夢があっても、貧困が故に叶えることができませんでした。そして、今は愛する我が子のために収入を得るためだけの仕事をするしかありませんでした。
このトレーシングの仕事は、自分の仕事で人を感動させることができます。さらに技術を取得すれば、定期的な仕事と収入が得られます。さらにお母さんたちにとってうれしいのは「空いている時間に作業ができる」ことです。お母さんたちにとって一番大事なのは子どもたちです。

子どもたちのそばにいて、空いている時間に作業ができ、安定した収入を得られて、人を感動させることのできる仕事

お母さんは、この仕事に誇りを持っています。そして、その姿を見た子どもたちはお母さんをさらに尊敬しています。子どもは親の背中を見て育ちます。誇りを持って仕事に取り組む親の姿は、何にも代えがたい教育になっていると思います。

今回このような素晴らしい機会をご提案くださいました、感動スタジオ村上様に心より感謝いたします。


感動スタジオ様のパラパラ漫画