第34回はHERO’S HOUSE1のアルテッサについて紹介します。

アルテッサは2005年12月7日生まれの高校1年生です。彼女は、活発で、いつも明るく笑顔です!また、学びたいという気持ちが強く、様々なところからたくさんの情報を吸収しています。日本語の授業でも、単語をどんどんと覚えていっています。現在、学校での成績も着々と伸びていっています。

将来の夢

以前のアルテッサの夢は医者になることでしたが、DAREDEMO HEROで健康や栄養の勉強をするうちに夢が変わりました。
新しい夢はシェフです!
なぜシェフになりたいのかと聞いてみると、「家で家族のために料理を作ることがとても楽しくて、家族に喜んでもらえるから。また健康的な食事ができない人々に美味しいご飯を提供したいから!」と言っていました。
病気にならないように、健康的な食事をすることがとても重要だと気付いた彼女は、病気になる人を減らしたいという気持ちから、シェフになりたいと思うようになりました。
アルテッサは料理上手で、家で忙しい両親に代わって家族にご飯を作ります。家族みんな、アルテッサの作る料理が大好きです!


HERO’S HOUSEでもお母さんたちのお手伝いをしていました!

家族の力

彼女は家族や友達のことをとても大切に考えています。
彼女は父・母・7歳の妹・0歳の妹の5人家族です。以前は6畳一間ほどの家に家族で暮らしていましたが、父がせっせと働いて貯めたお金で少しずつ資材を買い、新しい家を建てました!もちろん、父の手作りです。
アルテッサの父はハバルハバル(バイクタクシー)のドライバーをしており、素晴らしいバイクと車の運転技術を持っています。優しくも迅速に目的地に届けてくれます。彼女は毎日父の運転するバイクで学校に行きます。


左が以前住んでいた家、右が新しく父が建てた家

アルテッサは、よく家族のお手伝いをしています。特に妹が生まれてからは2人の妹の面倒をよく見てくれるいいお姉さんです。
彼女は夢を叶えた時には、家族に感謝の気持ちを込めてお返しをしていくという決意を持っています。

将来も一緒に歩んでいこう

彼女はシェフになるという夢を叶えるとともに、今の友達とずっと友達でいることができればいいなと将来について語りました。同時に、フィリピンの中はもちろん、様々な場所を旅行して、多くの人に会ってみたいと考えています。人と会うことで、自分になかった価値観や考え方を知ることができます。彼女には是非たくさんの場所を訪れてほしいと思います。


いつも仲良しの4人です。

今年1年で彼女はどのような成長を見せてくれるのかが、楽しみです。