フィリピン人にとって1年で1番大切な行事、クリスマスが近づいてきました!

クリスマスまであと少し、セブではたくさんの人がクリスマスの準備で大忙しです。クリスマスが近づいてくると、スーパーマーケットやモールなどさまざまなところで、クリスマスの歌が流れています。そこで、今回はクリスマスキャロルとは何かについて紹介したいと思います。

クリスマスキャロルとは

日本人にとってクリスマスキャロルといえば、「クリスマスキャロルの頃には」という歌ですが、本来のキャロルの意味は、キリスト教文化圏で歌われる歌のことです。イエス・キリストの誕生にまつわる場面や逸話、祝福する内容が歌の中で説明されています。その中でもクリスマスの期間に歌われるキャロルを特にクリスマスキャロルと呼んでいます。

子どもたちが歌う

クリスマス前になると、HERO’S HOUSE周辺でも子どもたちの歌声をよく耳にします。学校や近所の友達でチームを作り、各家庭を周ってクリスマスキャロルを歌い、寄付を募ります。

DAREDEMO KIDSのジャネットもある日友達を連れてHERO’S HOUSEにやってきました。ジャネットのチームはこうして集めたお金を、孤児院に寄付するとのことでした。自分たちもクリスマスを祝うのに十分なお金がなくても、さらに持たざる者に寄付をするという、キリスト教の教えに添ったジャネットたちの活動にとても感動しました。

ジャネットチーム以外にも、たくさんの子どもたちが門の外で歌を歌っていきます。そのクオリティーはまさにピンキリで、まるでマーチングバンドさながらのチームもいれば、小さな子供たちの歌だけというチームもいます。セブの真夏のクリスマスでは、なかなかクリスマスを実感することができませんが、子どもたちの歌を聞くと実感がわいてきます。

 
ジャネットの叩くカホンに合わせて、みんなでクリスマスの歌を披露しました。

クリスマスはとても大切な行事

クリスマスは、フィリピン人にとって1年で1番大切な行事です!日本では家族と過ごすことよりも、恋人同士で高級レストランに行ったり、高価なプレゼントを交換したりすることが多くなっています。しかし、こうしてセブのクリスマスを体験することで、本来のクリスマスの過ごし方、家族の大切さを改めて実感することができます。来年のクリスマスは、私も家族と一緒に過ごしたいと思いました。


私の故郷、沖縄のクリスマスの様子