第37回の今回はHERO’S HOUSE1のキムについて紹介します!

キムは2008年8月9日生まれの小学校4年生です。明るく、素敵な笑顔の彼女は、現在成績を伸ばしているまっただ中です。HERO’S HOUSE1の第3期生として同じタイミングでDAREDEMO KIDSになったジーアと仲が良く、一緒に勉強したり、遊んだりしている姿をよく見かけます。

将来はお医者さんに!

彼女の将来の夢は医者になることです。フィリピンでは保険制度が日本ほど整備されていません。Philhealthと呼ばれる公的医療保険制度が存在しています。この保険は、正社員として働く場合には、会社と保険料が折半されます。しかし、非正規雇用者は、個人で保険料を全額負担する必要があります。そのため、非正規雇用の割合が高い貧困層の場合は、保険料を支払うことができず、保険に加入していないことがほとんどです。

さらに、保険が医療費を全額負担するわけではありませんので、保険を使っても自己負担分が支払えない場合もあります。そのため、病気になると病院に行けずに亡くなってしまう場合も少なくありません。そこで彼女は、そのような人々を一人でも多く助けたいと考えています。


PhilHealthの看板が地域のヘルスセンターなどには掛かっています。

同時に、家族を助けてあげたいというのが彼女の願いです。現在、彼女は両親と姉・弟と共に生活しています。彼女の家のある地区は数年前に大規模火災に見舞われており、彼女自身もその被災者の1人でした。今では、家を再建して、5人で仲良く生活しています。

 
                               里親様のご訪問の際には、家をきれいに飾り付けていました。

Never give up!

彼女の長所はあきらめずに頑張り続けられるところです。DAREDEMO HEROでも彼女は粘り強く日本語の学習にも取り組み、一歩一歩着実に力を伸ばしています。また、学校でもその努力は成果としてあらわれ始めており、すでにクラストップの成績をとるなどしています。しかし、学年トップを目指して頑張っていかないと!と彼女の眼はまだまだ上を見据えています。

今年の漢字は「愛」

彼女の今年の目標は「愛」です。彼女はこの1年間を、友達や家族を大切にして、過ごしていきたいという思いから、この1文字を選びました。

そして、勉強面では、英語を頑張ることが彼女の今年の目標です。彼女はDAREDEMO HEROに来た当初は、アルファベットの読み書きや会話も難しかったのですが、この1年半ほどで大きく成長し、今では私たちに英語で話しかけてくれるようになりました。そんな成長を遂げた彼女は、もっと英語を使えるようになりたいと考えています。今年1年で、たくさんの英語で書かれた本を読み、自身の英語力を高めていきたい!と話してくれました。

彼女は、この1年どのように成長していくのでしょうか?また、彼女が夢をかなえられるようにサポートを続けていきます!