お久しぶりです!インターンAOIです!約3か月のDAREDEMO HEROでのインターンシップが無事に終了しました!この3か月で自分が学んだことや感じた事をみなさんに紹介したいと思います。

DAREDEMO HEROを通して

「YOU ONLY LIVE ONCE」みなさんもこのことわざを知っていると思います。
私は、このことわざが大好きで今までいろんなことに挑戦してきました。しかし、どこかで何らかの理由をつけてあきらめてきたこともありました。

代表のHIROさんとお話できる機会が多々ありました。毎回、様々な経験を通して学んだことなどを話してくれました。その中でいつもHIROさんが話してくれたことがあります。「夢を叶えられる人と叶えられない人の違い」です!何か目標や夢、挑戦したいことがある人はたくさんいると思います。でも、それを実現できている人は少ないと思います。できなかった人たちは、何かしらできない理由を考えて、諦めて後悔していると人が多いと思います。できない理由を考える前に、出来る理由を考えて、挑戦することが大切だと思います。

DAREDEMO KIDSもフィリピンの厳しい社会状況の中で、諦めずに夢の実現や目標を達成するために頑張っています。私も、まだまだ勉強したい事や挑戦したいことがたくさんあります。できない理由を考えないで、どうしたらその夢や目標を達成できるかということを考えて、それに向けてこれからも様々なことに挑戦して、頑張っていきたいと思います!!

 
インターンを通して、様々な人と出会い・経験することができ、たくさんのことを学ぶことができました!

得意・不得意

人間、得意なことと不得意なことがあると思います。私は、文章を書くことが小学校のころからずっと今まで苦手で、なるべく避けるようにしていました。夏休みの宿題に必ずある読書感想文なども大嫌いで、いつもいやいやながら書いていました。なので、いい点数を取ったことがありません。

しかし、今回のインターンでブログを毎日書くという業務がありました。最初は、とても嫌で書きたくないと思っていました。書いても文章がまとまらず、ぐちゃぐちゃの内容が薄いブログばかりでした。自分の書いた文に自信がなく、もう1人のインターン生に頼ってばかりで迷惑をかけることもありました。しかし、スタッフのJUNKOさんやインターンのKANさんが、私の文章にアドバイスをくれました。他人からアドバイスをもらうことで、自分の文章に何が足りないのかがわかるようになってきました。そこを意識しながら書くと、前よりはいい文が書けるようになってきました。私は、完璧な文章は書くことはできないけど、毎回書いていく中でなにが足りてないか日本語の使いまわしなど勉強することができました。次第に、私は文章を書くことが嫌いではなくなり、もっと読んでいる人に楽しいと思ってもらったり興味を持ってもらったりできるような文章を書きたくなりました。

みなさんも不得意なことがあると思います。でも時には、不得意なことをしなければならない時もあると思います。その時に、自分はできないからと諦めずに、不得意だけど挑戦してみることが大切だと思いました。自分は、最初から不得意な分野をパーフェクトにこなす必要はないと思います!大切なのは、自分なりに今もっている力を精一杯出して、挑戦することです!!不得意なことや苦手なことを、できないとそのまま放置するのではなく挑戦してみると、いろいろなことを勉強ができて、自分自身を少しでも成長させることができると思いました!!

 
人前で話すこと・人に教えることが苦手でした、今回のインターンを通して苦手意識がなくなりました!

夢とは何か?

最初にDAREDEMO KIDSに会った時に、みんな日本語で自己紹介をしてくれました。自分の名前はもちろん、自分の夢や理由を日本語で一生懸命に話してくれました。みんなの自己紹介を聞いて、私はとても感動しました!

さらに、私が1番驚いたのは、なぜその職業に就きたい理由です!!子どもたちはみんな、自分の家族や親せき、困っている人たちを助けたい!という思いが、将来の夢に結びついていました。夢を実現させるために、子どもたちは毎日必死に楽しく勉強しているのを私は実際に目にしてきました。一生懸命に頑張る子どもたちの姿は、とても輝いていました。

このように子どもたちの夢や勉強に対する意識をみて、「夢とは何か」をとても考えさせられました。さらに、何か1つのことや夢を実現させるために一生懸命に取り組んでいる人は、とてもかっこいいと思いました!!この経験で、私ももう一度自分の夢について考えてみました。やはり、大好きな沖縄に貢献できるような仕事に就きたいと思うようになりました。自分の欲だけでなく、誰かのため・何かのために恩返しができるよう、そして自分の夢実現に向けて、頑張りたいと思いました。


HERO’S HOUSE2の子どもたちと!みんなこれからも夢実現に向けて頑張ってほしいです!

感謝の気持ち

私は、1月の中旬にフィリピンから帰国しました。インターン中には、慣れない環境で体調を崩し入院し精神的・身体的にも大変な時がありました。しかし、フィリピン人の優しさとフレンドリーなところに何度も助けられました!とても安心して過ごすことができました。また、日本人スタッフやインターン生にもたくさん助けてもらいました!たくさんの支えがあったので、最後まで充実したインターン生活ができたと思います!!

今回のインターンでは、子どもたちや様々な人との出会いの中で、学ぶことがたくさんありました。自分の中での当たり前だったことが一気変わたり、自分自身を再確認できたりとても濃い期間でした。これからも、DAREDEMO HEROで学んだことを今後の生活に活かし、自分自身もっと成長していけるように頑張ります!!代表のHEROさんやJUNKOさんを含め今回のインターンで関わったみなさん、約3か月間私に優しく色々な事を教えていただき本当にありがとうございました。


約3カ月間お世話になりました、ありがとうございました!!