第39回の今回はHERO’S HOUSE2のレイチェルについて紹介します。

レイチェルは2008年11月20日生まれの小学校3年生です。彼女は、非常に努力家で、目標に向かって物事に地道に取り組めるタイプです。同時にHERO’S HOUSE2の3期生となった、シェーンとソフィアとも仲が良く、3人で仲良く勉強している姿をよく見かけます。

夢は看護師

彼女は将来、看護師になって、病気の人たちが少しでも早く元気になれるように、そのお手伝いをしていきたいと考えています。そして、家族を助けるとともに、医療関係の基金や財団に寄付をして、多くの人が安心して病院に行ける仕組みづくりをしていきたいと語ってくれました。彼女にとっての理想は、みんなが元気に安心して生活できることなのです。

趣味は勉強!?

彼女の趣味は、なんと勉強です!彼女にとって、たくさんの知識の詰まったノートは宝物なのです。彼女の好きな教科は数学で、割り算などの計算問題をたくさん解くのが好きです。たくさんの問題を解いて、全問正解できた時の達成感が彼女にとっての原動力となっています。そんな努力の甲斐もあり、学校では数学をはじめとする多くの科目で常に90点以上をとり続けています。しかし、彼女の目標は高く、全ての教科で90点以上をマークするのが彼女の今の目標の1つです。


彼女愛用のノートです。左がDAREDEMO HEROの日本語授業で使っているもの、右が学校で使っているものです。

日本語の授業では、現在ひらがなの書き方を練習中です。アルファベットを使って育ってきた子どもたちにとって、ひらがなを美しい字形で書くことは容易ではありません。しかし、彼女はすでに学習したボディーパーツや、家族に関する言葉などを平仮名で書けるようになりたい!という思いで、きれいな字が書けるように頑張っています。

 
                               日本語での自己紹介もだんだんと上手になっています。

いつか日本に!

彼女の今年の目標は、一生懸命勉強して、学年トップになることです。また、彼女は昨年11月に日本に行ったHERO’S HOUSE1の子どもたち(詳細はこちらをご覧ください)による報告から刺激を受け、いつか日本に行ってみたい!と考えています。日本に行って、フィリピンでは見られないもの・見たことのないものをたくさん見てみたい!と話す彼女の眼はキラキラと輝いていました。彼女にはこれらの目標を胸に、この1年頑張っていってほしいと思います。これから彼女がどのように成長していくのかが楽しみです。