ダンスが大好きなフィリピン人。その中でもズンバはとても国民の間で親しまれています。

国民的ダンス、ズンバ!

夕方街中を歩いていると、よく楽しげな音楽がかなり大きめな音量で聞こえてきます。ある日HERO’S HOUSE1の近くのタイムズスクエアから聞こえた音楽をたどってみると・・・

 

なんと、広場でみんながズンバを踊っている!!!

そうなんです。フィリピンではズンバがとても人気で、街のあちらこちらでズンバ教室が開催されています。ここタイムズスクエアでは毎週火曜日木曜日、また、近くのジムでも週2回ほど定期的に開催されているよう。

今回取材したタイムズスクエアでは1回25ペソ(約53円)で参加可能でした。参加者は女性が圧倒的に多く、またその中でも3,40代以上の人が多い印象でした。フィリピンの女性、元気です。

ズンバとは?

国内で大人気のズンバですが、その起源はフィリピンではなく、なんとラテンアメリカ。コロンビアのダンサーによってフィットネスプログラムとしてつくられました。
「ズンバ」という名前はスペイン語で「お祭り騒ぎ」という意味があります。主にラテン音楽やヒップホップなどのノリのいいテンポの音楽を使い、また従来のエクササイズよりもダンス要素が強いのが特徴です。

フィリピンでのズンバ人気

実は2014年にセブ島でズンバを同時に踊る人の数でギネス記録に挑戦したこともあります。セブ市内の巨大モール、SMシティーセブの駐車場になんと8,323人が集まり、見事に当時あった記録を破りギネス記録に認定されました。その後同年にマニラではこれを超える1万2,975人の同時ズンバ参加記録を残すほど、フィリピン全土でとてもホットなんです。

ここまでフィリピンでズンバが流行るのは、やはりズンバがノリが良くダンスが大好きなフィリピン人にぴったりだからだと思われます。また、ダイエット効果があったり、ストレス解消にも良かったりとエクササイズとしての効果が得られるのも、特に女性たちがこぞって参加する一つの理由です。

HERO’S HOUSEでもズンバができる!?

実はHERO’S HOUSEのフィリピン人スタッフダイアンは元ズンバの先生なんです。先日もゲストの方々とDAREDEMO KID’Sたちにズンバを教えてくれました。子どもたちも終始ノリノリで楽しそうな様子。大人だけではなく子どもも楽しめるのもズンバの特徴の一つです!

フィリピンで大人気のズンバ、皆さんも是非一度体験してみてください!