タランバン高校で行われたRecognition Dayの様子をお伝えします!

表彰されたDAREDEMO KIDS

HERO’S HOUSE1の子どもたちが通うタランバン高校でのRecognition Day。今年はDAREDEMO KIDSの8人が全校生徒の前で表彰台に登りました。

学年1位がDAREDEMO KIDSから2人!!

GRADE8のクリスティンとGRADE9のジェームスが、それぞれ学年トップの成績を収めました!2人とも表彰台を独占し、賞状とたくさんのメダルを受け取り、とても自信に満ち溢れた表情でした。

GRADE8

GRADE8ではクリスティンの他にもグレースがWITH HONORSを受賞しました。


お父さんと表彰台に上って嬉しそうなグレース

GRADE9

GRADE9はジェームスを含め、タランバン高校に通うDAREDEMO KIDS全員がWITH HONORSを受賞しました!


セカンデル親子


ジェニー親子


シェーン親子

GRADE10

卒業式を終えているGRADE10の生徒たちも参加。GRADE10のDAREDEMO KIDSも全員WITH HONORSを受賞しました


リアンはお母さんと、エセリンはお姉ちゃんと表彰台へ。


仲良し2人組み、ジャネットとジュディスも賞状とメダルをゲットしました!

フィリピンの学校行事に出席してみて思ったこと

この1週間、DAREDEMO KIDSが通う各学校の卒業式やRecognition Dayに出席して少し驚いたことは、これらの行事に親の出席が必要だということです。

今回のRecognition Dayでも、表彰の際には親とともに表彰台に登り、親から子へメダルをかけます。卒業式では、卒業生入場の際には親が子どもをエスコートして席まで送り届けます。日本では、学校行事の際は子どもを見守るだけなので、親も参加するフィリピンスタイルは私にとってはとても新鮮でした

Recognition Dayを通して

日本ではあまり馴染みのない学校行事ですが、フィリピンではどこの学校でも行われているRecognition Day。努力した結果をみんなの前で表彰されることは、子どもたちのこれからの頑張るモチベーションに繋がります。また、今回受賞できなかった子どもたちにとっても、親しい仲間が表彰されている姿を見て、自分も頑張ろうと思うきっかけになります。

共に夢に向かって頑張る仲間たちと切磋琢磨し合える環境を、私たちは提供していきたいです。