DAREDEMO HEROでは、ECOライフを目指して様々な取り組みを行っています。昨年スタートしたコンポストシステムの続報をお伝えします!

無駄のないECO生活

DAREDEMO HEROでは毎日40人の子どもたちの昼食を作っています。今年からは様々な皆様のご支援により、健康にいい野菜たっぷりのメニューを子どもたちに提供しています。そこで問題になるのが生ゴミです。
普通であれば、捨ててしまう大量の生ごみを無駄にするわけにはいかないということで、スタートしたのが、DAREDEMOコンポストです。
コンポストシステムについて詳細はこちらをご覧ください。

スタート時には少ししかいなかったミミズたちも、毎日たくさんの野菜を食べて、元気に増殖中です!

コンポストの威力

このコンポストシステムを始めてから、生ごみがほとんどでなくなりました。おかげでHERO’S HOUSEから出るごみを減らすことができました。そして何よりミミズたちが一生懸命作った栄養たっぷりの土が、HERO’S HOUSEの庭をよりカラフルにしてくれています!!

 
これらのハイビスカスやボンベルは、長年葉っぱだけで花を咲かせませんでした。しかし、土を入れ替えることで、こんなにかわいらしいお花を咲かせてくれました。

ミミズ様のお引越し

スタート時はあまり多くのミミズがいなかったため、小さなスペースでコンポストを作っていました。しかし、日々増殖するミミズの勢いとどまることを知らず、最近ではちょっと窮屈なくらい密集していました。
そこで、ミミズのために新しいお家を作ることにしました。こういう時に活躍するのが、DAREDEMO HEROの頼もしいセキュリティーガードとドライバーの3人です!!今回も、3人で力を合わせてあっという間に素敵なコンポストを作ってくれました。

 

きれいな環境できれいな心が育つ

これまでにも何度かお伝えしているように、セブの街中はゴミだらけです。それが当たり前になってしまい、人々は疑問すら抱きません。しかし、DAREDEMO KIDSには「この状況は当たり前ではない。いいことではない」ということに気付いてほしいのです。
実際に、日本行きを経験した子どもたちが何より驚き、何より感心するのが、ゴミひとつ落ちていない日本の街並みです。せっかくそこで大きな気づきがあっても、またゴミだらけの街で生活していると、そこに慣れてしまいます。

HERO’S HOUSEの中では、常にゴミがひとつも落ちていません。子どもたちがこの空間を「きれい・心地いい」と思ってもらうことが第一歩です。そして、そのような空間を自分の身近な場所に広めていくことが、セブのゴミ問題を解決するひとつの方法だと思います。

 
ゴミ山とHERO’S HOUSE