数学の教師モーアを迎え、DAREDEMO HEROの数学の授業が進化しています!

幅広い知識

モーアはこれまでに小学校や高校で数学を教えてきました。そのため、小さな子どもたちには楽しい授業を、高学年の子どもたちにはとても難しい計算まで幅広く教えてくれています。
さらに子どもたちの年齢や学年で判断せずに、子どもたちそれぞれの能力を見極め、限界を決めません。そのため、能力のある子どもたちは、どんどん難し問題に挑戦しています。

柔軟な授業

DAREDEMO HEROでは小学生から高校生まで、幅広い子どもたちを支援しており、それぞれのレベルにあった授業を心がけてきましたが、教師としての経験のないスタッフでは限界を感じていました。
モーアの授業は、数学の基本的な知識から、その応用方法までを柔軟に取り入れているため、すべての子どもたちにとって学びのある授業になっています。これまで子どもたちの数学の授業を見てきて、強く感じていたことが「応用力」のなさでした。

15+5=〇
という計算はすぐにできても、
15+〇=20
となると、とたんに頭を抱えてしまうのです。

数学は、数学のテストで点数を取るために学ぶものではありません。普段の生活で様々な計算が必要になり、それができるかできないかで人生が変わってきます。普段の生活に数学的考えを取り入れるためには、応用力が必要です。

そういった意味で、モーアの授業は様々な計算や公式を使って、どんな問題を解決できるかを見せてくれるため子どもたちにとって、とても興味深いようです。さらに、クイズやゲームも取り入れており、授業の終わり時間になっても「もう一問!」「もっと!」という子どもたちの元気な声が教室に響いています。

広がる可能性

現在モーアは日々の授業だけでなく、DAREDEMO KIDSを継続的に支援していくためのカリキュラムを作っています。DAREDEMO HEROオリジナルのカリキュラムとプログラムが完成すれば、子どもたちの支援をより充実させることができます。将来的には、それぞれのレベルにあった映像授業で子どもたちが自主的に学びを進められることを目指しています。

子どもたちは無限の可能性を秘めています。周囲の大人の事情や環境で、子どもたちの限界を決めてはいけません。子どもたちの可能性をより広げるために、DAREDEMO HEROでは挑戦を続けていきます!

今後もモーアの活躍を期待しています!