はじめまして!8月から3か月間DAREDEMO HEROでインターンをさせていただく棚井彩乃です。よろしくお願いします!

自己紹介

私は現在大学3年で、社会学を学んでおり、特に社会政策・社会福祉について学んでいます。今回、夏休みを利用してこちらで3か月お世話になります。私は子どもが大好きです!!私は、海外旅行は好きですが、留学経験等はなく、英語を話すことには慣れていなくて、自信はあまりありませんが、何事にも挑戦して、子どもたちの役に立てるように頑張ります!!


ベトナムのホーチミンにて                   サイクリングサークルで函館に行きました

インターン志望のきっかけ

私は日本で、毎日授業を受け、バイトをし、サークルに時々参加する・・・というような漠然とした大学生活を送っていました。その中で物足りなさと、このままでいいのかという思いを抱くようになりました。そして、この夏休みにはチャレンジングなことをしよう!と決意しました。まず第一に、人の役に立つことをしたいと思いました。フィリピンは英語も通じ、何となくフィリピンを身近に感じていたので、フィリピンでボランティア活動を行うことに決めました。

そこで見つけたのが、DAREDEMO HEROです。「貧困層教育」によってフィリピンを変え、貧困層問題を無くすことを目的にしているこの団体に、私も携わりたいと思い、参加させていただくことにしました。セブ島は多くの日本人にとってはリゾート地であると思います。そのような場所で起こっている子どもの貧困という問題を日本人にもっと知ってもらって、リゾートではない側面のセブを知ってもらいたいです!!

抱負

私は、子どもの教育こそが貧困問題の解決の切り札であると考えています。そして、教育は人の人生を豊かにすることができるはずです。教育によって負の連鎖を断ち切ることが重要だと考えています。お金の支援だけではなく、草の根的な活動も重要で欠かせないボランティア支援です。ボランティア活動は成果がはっきりと目に見えて、数字に表れるものではないと思います。

だからこそ、自分がボランティア活動に従事することで、人的なボランティアの意義を体感したいです。3か月という短い期間ですが、その中で、私なりに、子どもが将来の夢を叶えるお手伝いをしたいです!!

子どもたちについて

はじめてDAREDEMO KIDSに会った時、日本語で自己紹介をして、自分の夢を教えてくれました。みんな目が輝いていて、とっても素敵でした。あまり言葉が通じていないのに、私と鬼ごっこやバレーボールをして遊んでくれました!みんな可愛くて、フレンドリーで、すぐに大好きになりました!!笑顔を忘れずに、子どもたちと仲良くなって、いろいろな活動をしていきたいです。よろしくお願いします!!!