第44回の今回はHERO’S HOUSE2のケイトについて紹介します!

ケイトは2009年11月14日生まれの小学3年生です。彼女は努力家で、また何をするにも率先して行動できるリーダーシップを持っています。
また、同学年のカイゼル・ジムと仲良しでよく3人で勉強している様子が見られます。いつもケイトが同学年の2人をまとめてくれます。先日は、学校でのフィリピンの文化を祝うコンテストで見事1位を獲得しました!

 
笑顔が1番!                            伝統衣装もよく似合います

ケイトの家

ケイトの家はとても小さく、そこでお父さん、お母さん、19歳の兄、18歳の姉と暮らしています。ケイトは末っ子で、家族のプリンセスであるとお母さんは言っていました。家族みんなから愛情をたっぷり注がれて、大切に育てられました。
彼女は家でいつもお手伝いをしています。台所が外の高い位置にあり、彼女の身長では料理や食器洗いのお手伝いをすることができないため、主に洗濯部屋の掃除担当です。
お父さんは大工さん、お母さんは病気のために仕事をしていません。大工は、平均的に月10,000ペソ弱(日本円にして約20,000円弱)最低だと1日に386ペソくらいの収入です。お父さんの収入で家族全員を養うのはとても大変です。そのため、ケイトは将来、「お金を稼いで家族を助けたい」と強い意志を持っています。


お父さん、ケイト、お母さん

将来の夢

ケイトの将来の夢は学校の先生になることです。「学校の先生になってたくさんの子どもたちに自分が得た知識を教えたい」と笑顔で語ってくれました。何事にも率先して挑戦し、努力する彼女は将来いい先生になることができると思います。子どもたちに教えることができるように、これからたくさんの色々な知識を学んで身に着けていってほしいと思います。

今年の目標

ケイトの今年の目標は、ひらがなを50音すべて完璧に書けるようになることです!また、彼女は呑み込みが早く、ひらがなを教えるとすぐに覚えます。もっと書けるようになりたい、もっと知りたいという気持ちが強く、ひらがなを一生懸命に練習している姿をよく見ます。「ひらがなが書けるようになったら次はカタカナも!そして、いつかは日本に行ってみたい!」と嬉しそうに話していました。いつか日本に行って日本語を使うことができるように、今後も継続して日本語の勉強を頑張ってほしいです。


ひらがなをたくさん書いて練習しています

今後のケイトの活躍に期待しています!!