第43回は、HERO’S HOUSE1のジリアンについて紹介します!

ジリアンは2009年11月4日生まれの9歳で、小学校3年生です。今年の7月にHERO’S HOUSE1の仲間に加わったばかりですが、今では同学年のクロエをはじめとするたくさんのDAREDEMO KIDSたちと毎日楽しそうにランチを食べ、放課後は一生懸命勉強に励んでいます。


右から2番目がジリアンです

ジリアンの2つのいいところ

ジリアンのお母さんに、ジリアンのいいところはどこですか?と尋ねたところ、2つのいいところを教えてくれました。

1つ目はお手伝いを自ら進んですることです。お母さんが家の掃除をしていると手伝ったり、おつかいによく行っているそうです。当団体がジリアンが住む地区で炊き出しをする際にも、ジリアンは小さな子をまとめたり、ルールを教えたりと、積極的に私たちのお手伝いをしてくれます!

2つ目は時間をしっかり守ることです。なんと、ジリアンは6時には学校に到着するために、毎朝5時に起きているのです!というのも、最も時間に正確だった生徒に贈られる賞を受賞したいからだといいます。また、学校の宿題だけでなく、DAREDEMO HEROで出される課題も、必ず期日内に終わらせるために、早め早めに取り組んでいます!!


左からキム、ジリアン、ニコールです

ジリアンの夢

ジリアンの得意科目は数学です。彼女は数学が大好きで、将来数学の先生になって、子どもたちに数学の解き方を教えるのが夢です。フィリピン人の多くが苦手意識を持つ数学ですが、ジリアンは新しい問題を解くことがとても楽しいそうです!
また、彼女には夢を叶えて、家族を助けたいという思いもあります。彼女にこれからの目標を聞くと、勉強を頑張って成績を上げることなんだと目を輝かせて教えてくれました。そんなジリアンは、全ての教科で優秀と表彰されました!


たくさんのメダルをもらって、誇らしげです!

ジリアンの家族

ジリアンはキムジーアと同じ火災被災地区に住んでいます。そして、同じ集落に住む彼女たちの姿を見て、いつかDAREDEMO KIDSになりたいと思っていたそうです!

ジリアンはお母さんとお父さん、妹と4人で暮らしています。お父さんはハバルハバル(モーターバイク)の運転手をして家族を支えています。しかし、ハバルハバルの運転手のひと月の収入はわずか平均6,000ペソ程度(約12400円)で、その生活は決して楽なものではありません。さらに、天候にも左右されやすく、安定した生活には程遠いものです。

しかし、家族のために一生懸命働くお父さんをジリアンはとても尊敬しています。毎日お父さんのバイクに乗って学校に行くんだ!と嬉しそうに教えてくれました。ジリアンの家にはたくさんの家族写真が飾られていて、家族の暖かさをとても感じました。


ジリアン家族4人が住む家                  写真がたくさんありました

ジリアンのこれから

当団体ではジリアンを支援し始めたばかりです。そして彼女はこれから輝く可能性を秘めた原石です。今後も、彼女が夢を叶えるための環境を整え、全力でサポートしていきます!

今後もジリアンの成長を報告させていただきますので、これからもよろしくお願いいたします!!