「HERO’S HOUSEから歩いて行けるところに滝があるらしい・・・」という謎の情報を聞きつけたので早速行ってきました。

セブ市内にある秘密の滝

セブ島には観光地として有名なカワサン滝がありますが、今回は、時間もお金もかけずに今すぐ行ける「バッドラーンの滝(Budlaan Falls)」をご紹介します。ガイドブックに載っていないスポットなので、外国人観光客もほとんど行かない秘密の滝です。

「バッドラーンの滝」への行き方

①セブ市内中心部からは、タクシーやジプニー(via Talamban 13C/13B)で、タランバンにあるショッピングモール「Gaisano Grand Mall Talamban」を目指します。

②ショッピングモール前の道路沿いを、北に向かって徒歩3分のところにある住宅地「Surry Hills Subdivition」前まで行き、周辺にいるバイクタクシーを捕まえます。ドライバーに「バッドラーン(Budlaan)へ行きたい」と伝えれば、100ペソ弱で登山道入り口まで連れて行ってもらえます。*Google Mapではバッドランという表記ですが、現地の人達は「ブッドラアーン」と発音します。

登山道まで歩いて行ってみたいという方は、並んでいるバイクタクシーを通り過ぎてひたすら歩いてください。ここから、なだらかな登り坂が約5km続きます。街中の喧騒から離れると、辺りには植物が多く見られるようになります。街中とは違い、空気が澄んでいるため気持ちよく歩くことができます。 

 
*約1時間歩くと分岐地点で現れる看板。「kabang Falls」と書かれていますが、バッドラーンの滝も同じ方向にあるので案内に従ってください。ここから20分ほどで登山道入り口に着きます。

登山口に着いたら

今回はすべて歩いて、約1時間半で登山道入り口に到着しました。ここから滝までの道のりは少し分かりにくいため、ガイドさんに案内してもらうことをオススメします。(今回は上流までの約2時間のガイドで200ペソ。)

かなり急な下り坂もあるため、スニーカーなどの靴を着用していった方が良さそうです。
20分ほど歩くと川の音が聞こえ始め、高さ約15メートルの「バッドラーンの滝」が眼下に現れます。この日は、数人の子ども達が滝壺で遊んでいました。

上流を目指す

マイナスイオン溢れるバッドラーンの滝では、泳いでもよし、ゆっくり休んでもよしですが、今回はその滝の横を登って川の上流を目指しました。ここからは、もはやトレッキングではなく、ちょっとしたクライミングかキャニオニングのようなものになってくるので、体力・運動神経にある程度自信のある方にオススメします。急斜面や岩をよじ登ったり、川を飛び越えたりとなかなかスリルに溢れています。また、途中には小さな滝がいくつか出てきます。

 

リフレッシュに最適

今回のトレッキングコースでは、セブの街中では目にすることのできない大自然を満喫できました。お金と時間をかけずに身近なところできれいな空気を吸いたい、自然の中で体を動かしたいという方には是非オススメします。

 
カニを捕まえました