長いクリスマス&正月休みを終え、1月3日から公立の小学校・高校では授業が始まりました!学校内を見学してみると…。

長いクリスマス休み

2018年の公立学校のクリスマス休みがとても長かったことはご存知でしょうか?
11月末に突然フィリピンの教育省により
「12月22日からであったクリスマス休みが、12月15日からに変更!」
と発表されました。
そして1/3、公立学校では授業が始まりました!つまり、約3週間の冬休みだったということですね。日本で考えると、正月3が日に学校!?と思うかもしれませんが、フィリピン人にとってはお正月よりもクリスマスが大事です。正月3が日という認識なないようです。


お正月を過ぎてもスーパーやモールはクリスマス使用です。

授業初日の小学校

1月3日、授業初日の午前11時頃にHERO’S HOUSE1の近くにあるタランバン小学校に様子を見に行きました。教室をいくつかのぞいてみると、授業をきちんとやっているクラスもあれば、掃除をしているクラスもあり、また先生が教室におらず子どもたちが遊んでいるクラスもありました。

同じ時間帯なのに、クラスによってやっていることが全く違うということに驚きでした。

左から授業を行っているクラス、掃除をしているクラス、先生がいない教室で子どもたちが遊んでいるクラス

フィリピンの公立学校の問題点

フィリピンの公立学校には、レギュラークラスとサイエンスクラス(特進クラス)があります。
授業時間なのに先生がおらず、授業をしていなかったクラスは、どこもレギュラークラスでした。

実はこの現象が、お正月に限らずよく目にする光景です。通常の授業でも、レギュラークラスでは先生が教壇にいないことがあり、探してみると廊下でお菓子を食べたり、他の先生をおしゃべりをしていることもあります。

レギュラークラスかサインエンスクラスで、きちんとした授業を受けられるかそうでないかが決まってしまうようです。サイエンスクラスに入るためには、学校でいい成績を取らなければなりません。しかし、レギュラークラスでしっかりとした授業がされていない中で、サイエンスクラスに入るための好成績を収めることは非常に難しいことです。

DAREDEMO KIDS発見!!

タランバン小学校で、授業を受けているDAREDEMO KIDSのネスパーを発見しました!彼女はGrade6(日本でいう小学校6年生)のサイエンスクラスに所属しています。
授業の様子を少し参観させてもらいましたが、クラスの全員が前を向いて集中して授業を受けていました。授業の途中で、ネスパーは先生に教科書を音読するように頼まれていました。大きな声ではきはきと堂々と教科書を読んでいる姿がとてもかっこよかったです!


わかりづらいですが、手前の列の後ろから2番目がネスパーです。

学校全体が本格的に授業を始めるのは、どうやら来週の月曜日からのようです。DAREDEMO HEROも来週から本格始動です!今年も子どもたちのやる気を応援していきます!