今年も、タランバン高校、タランバン小学校、ルズ小学校でRecognition セレモニーが行われました。

Recognition Dayとは?

Recognition Dayは、各学校で子どもたちの年間の成績活躍を表彰する式です。勉強面以外でもリーダーシップを称える賞など様々な分野での表彰があります。また、このイベントは同じ学校に通う仲間たちの努力の結果や、活躍を知る良い機会にもなります。今回、DAREDEMO KIDSが通う3つの学校で行われたRecognition Dayの様子をお伝えします。

まずは、タランバン高校で表彰されたDAREDEMO KIDSたちをご紹介します。

HERO’s HOUSE1の子どもたちが通うタランバン高校でのRecognition Day。今年もタランバン高校では、多くのDAREDEMO KIDSが全校生徒の前で表彰台に登りました。

学年1位がDAREDEMO KIDSから2人!!

 

GRADE9のクリスティーンとGRADE10のジェームスが、それぞれ学年の成績優秀者として選ばれました。2人とも昨年に続き、成績優秀者に選ばれました。ジェームスは、なんと5年連続学年で、トップの成績を取り続けています!表彰台に上がった2人は、とても自信に満ち溢れ、生き生きとした表情をしていました。

卒業式を終えたGRADE10のDAREDEMO KIDSたちも参加しました。

次に、HERO’s HOUSE1の子どもたちが通うタランバン小学校でのRecognition Dayについてです。
子どもたちはとても嬉しそうで、笑顔を見せてくれました!

最後に、HERO’s HOUSE2の子どもたちが通う、ルズ小学校でのRecognition Dayです。

カイゼルが学年でトップの成績で表彰されました!

今年も、多くのDAREDEMO KIDSが表彰台に上りました。一緒に表彰台に上る保護者も、子どもたち同様、喜びを隠せない様子でした。

また、今回は惜しくも受賞を逃した子どもたちも、日々夢の実現のために努力している姿を私たちはしっかりと見ています。そんな子どもたち全員を、とても誇らしく思います。

Recognition Dayが子どもたちに与える影響

私たち日本人にとってあまり馴染みのない行事のRecognition Day。

日本の教育では、子どもたちに順位をつけることをあまり良しとしない風潮がありますが、フィリピンでは、このように人前で自分の頑張りが評価される機会が多く、そのことがフィリピン人の自己肯定感の高さにもつながっています。さらに、ほかの生徒の頑張りを目の当たりにすることで、自分ももっと頑張ろうという気持ちになるようです。

フィリピン人は、家族をとても大切に考えます。親にとっては子どもが表彰される姿を見れることが喜ばしく、子どもたちにとっては、自分の受賞を喜んでくれる親の姿を見れることが何よりも嬉しいようです。
そのようなプラスの連鎖により、子どもたちはRecognition Dayを機会に、改めて勉強に対する意欲を高めています。

それぞれ、子どもたちは進級し学年が変わります。学年が上がるにつれて、益々学ぶ内容もレベルアップしていきます。来年度の子どもたちの活躍もすごく楽しみです!
DAREDEMO HEROは、未来のリーダーとなる為、頑張り続ける子どもたちをこれからもサポートしていきます。