インターンREIです!たくさんの出会いと経験に恵まれ、多くの笑顔と優しさに囲まれたインターン生活でした。

夢を持つこと

初めてDAREDEMO KIDSに会った時のことは今でも鮮明に覚えています。自己紹介を日本語でしてくれました。名前だけでなく、将来の夢とその理由をまっすぐな瞳で教えてくれました。なんとなくでも、自分のためでもなく、家族や困っている人を助けたいからだと語る子どもたちの姿は、自信に満ち溢れていて輝いていました。

そんな子どもたちと一緒に授業をすることは私にとって幸せな時間でした。わからないことを何度も質問したり、できるまで諦めずに問題に取り組んだりする子どもたちには毎回圧倒されました。英語で授業することは初めてで、戸惑うこともありました。英語力不足で伝えたいことがうまく伝わらないこともありました。でも、どうしたら子どもたちにわかりやすくて楽しい授業ができるか考えるのが楽しくて、教えたことが宿題でできていたら嬉しくて、できていなかったらどう授業を改善するのかを考えるのが難しくて、たくさん悩んで考えて自分自身も成長することができたと思います。

子どもたちの勉強に対する熱意素直さは、自分の夢がしっかり持てていて、それが誰かのためであるからこそだと思いました。夢も目標も明確に持ってなくて、ただ毎日をなんとなく過ごしていた私ですが、子どもたちのおかげで自分と向き合うことができました。私はやっぱり子供が好きで、何かを教えることも好きだということを再確認することができ、将来教育に携わって子どもたちにたくさんのことを伝え、子どもたちの夢実現に寄り添いたいというを持つことができました。子どもたちに負けないくらい、夢に向かって頑張りたいと思います。

子どもたちの背中を見ていると“Everybody can be a Hero”という言葉がぴったりで、例えどんな困難な道でも夢に向かって突き進む勇気希望を持っている子どもたちは私にとってヒーローでした。私より小さな子どもたちの背中は、強くてたくましく、夢を持つことの素晴らしさなど、私にたくさんのことを教えてくれました。

共に生きる

活動をする中でたくさんの出会いがありました。当然、みんな生まれた場所も育った環境も違うため、考え方価値観も人それぞれです。最初からその違いを受け入れることは難しいです。でも一緒に学んで、話して、笑って、悩んで・・・一緒に過ごす中で、初めてわかることや気づくことがたくさんありました。フィリピン人との文化の違い、ゲストさんとの考え方の違いに触れ、それぞれの良さを見つけることで、自分を見つめ直すこともできました。

文化や制度、地域の特性、異なるバックグラウンドを持った人同士が一緒に活動するには、いろいろな違いを否定的に受け取るのではなく、お互いに理解しようとすることが大切だと感じました。人と人との繋がりがあるから、楽しいことや嬉しいこと、悲しいこと、悩み事、いろいろなことを共有することができます。でもそれは、同じ目線に立って初めてできることです。何かをしてあげる、ではなく、一緒に何かすることが共に生きることにつながっていくのではないかと思いました。

単純なことかもしれませんが、そんな単純なことに気づけたのも、DAREDEMO HEROのみんなのおかげです。

DAREDEMO HEROとの出会い

私は、DAREDEMO HEROと出会えて本当に幸せでした。無知な私を優しく受け入れてくれて、たくさんの経験をさせてくれました。夢に向かって突き進む子どもたち、いつも優しく寄り添ってくれるスタッフ、楽しい時も大変な時も一緒に過ごしたインターンのみんなに多くの励ましの言葉をくれたゲストさん。たくさんの方に支えられて、インターン生活を過ごすことができました。活動中に出会ったたくさんの笑顔は私の宝物です

DAREDEMO HEROに出会って、たくさんの経験ができたことに感謝し、これからも子どもたちの夢実現のために自分にできることをして、恩返しをしていきたいです

Everybody can be a Hero!
短い間でしたが、本当にありがとうございました。