DAREDEMO HEROでは毎年夏休み期間中に、夏季特別授業(サマークラス)を開催しています。

英語の救世主、現る!?

DAREDEMO HEROでは、限られたスタッフがそれぞれ自分たちにできることを工夫して、子どもたちの支援を行っています。そのため、一人のスタッフが3役4役をこなす必要があります。
しかし、このサマークラスだけはどう頑張っても、人手が足りませんでした。というのも、DAREDEMO HEROには小学3年生から高校生まで、様々なレベルの子どもたち50人がいます。サマークラスでは、それぞれのレベルに合った授業を毎日行わなければなりません。

特に英語に関しては、新奨学生候補の中にはアルファベットも書けない子どももいる一方、高校生の中には英語のエッセイや、英語でのプレゼンテーションを勉強している子どもたちまでいます。困り果てていたところに、救世主が現れました!


左からアリーナ先生とヤラ先生です

いつもDAREDEMO HEROをご支援いただいている、QQ ENGLISH藤岡頼光様のご提案により、QQ ENGLISHの英語の先生が、サマークラスの英語を担当してくださることになりました!
さすが、プロの英語の先生です!子どもたちはとても楽しそうに英語を学んでいました。この夏、子どもたちの英語のレベルが向上することは間違いありません!!

数学の先生モーアの新たな挑戦!?

DAREDEMO HEROスタッフのモーアは数学の先生です。これまでも、子どもたちに様々な楽しい授業を提供してくれています。そんなモーアが、サマークラスに向けて新たな挑戦に挑みました。それがそろばんです!

モーアは、先月ツアーにご参加いただいたYOSHINOさんから、そろばんのすばらしさを学びました。

そろばんのすばらしさを、子どもたちにどうしても伝えたい!ということで、セブでそろばん教室を運営するIPPOの鵜飼様にご協力いただき、そろばんの教え方を教えていただきました。

さっそくサマークラス初日から、そろばんの授業をスタートしました。初めてそろばんを見る子どもたちもいる中、驚きのスピードで授業が進みました。これには教える側のモーアも驚いており、子どもたちの可能性を改めて認識することができました。

4人体制で日本語授業

現在DAREDEMO HEROには3人の頼もしいインターン生がいます。日本語の授業もレベルの差が大きく、これまでレベルに合った授業を行うことが非常に困難でした。新奨学生候補生は日本語に触れたことすらありません。まさに基礎の基礎から、日本語能力試験を受験するレベルまで幅広く教える必要があります。

インターン生は日本教師の資格は持っていませんが、たくさんのテキストやインターネットの情報をもとに、それぞれのレベルに合った楽しく、実りある授業を行うために、入念な準備を重ね、この日を迎えました。
初日の今日は、レベル分けテストを行いました。これによって、年齢や学年に関係なく、それぞれのレベルに合ったクラス分けを行い、子どもたちの可能性を伸ばしていこうとい試みです。

サマークラスでは、多くの学びの場が準備されています。子どもたちは私たちが驚くスピードでそれらを吸収してくれています。この夏、子どもたちがどこまで成長するか、とても楽しみです。

改めまして、子どもたちにこのようなチャンスをくださった、藤岡様、鵜飼様、そしてすべてのご支援者様に心より感謝申し上げます。