今年も、新奨学生選抜を行い7名の奨学生が選ばれました!今回、新たにDAREDEMO HEROに加わった、次なるHEROたちをご紹介します!!

奨学生選抜とは?

DAREDEMO HEROでは、毎年新しい奨学生を迎え入れるために、200人を超える応募の中から、厳正なる審査を行い、未来のリーダーになりうる人材を発掘しています。
詳しくは▶超極秘!?DAREDEMO HEROの奨学生選考方法!をご覧ください。

2019-NEW DAREDEMO KIDS!

それでは、今回この厳しい審査によって選ばれた、7人のNewメンバーたちをご紹介します!
まずはHERO’S HOUSE1!

サクール(Sakur A. Manzo)

サクールは、父と母と弟と妹の5人家族の長男です。いつも元気いっぱいで、よくふざけたりもしますが、とても勉強に関してはとても熱心です。彼は、川沿いに住んでおり、家に行くには、足元の悪い、険しい坂を通らなければなりません。サクールの将来の夢は医者になることです。自分が医者になって家族を助け、また家族のために安心して住める家を建ててあげたいと話してくれました。

レニリン(Lenilyn N. Paredes)

レニリンは、両親・3人の姉の6人で暮らしています。いつも笑顔の絶えない彼女ですが、負けず嫌いで努力家な一面もあります。その証として、レニリンの家には、たくさんのメダルや賞状が飾られています。将来の夢は、英語の先生になって、毎日一生懸命働いているお父さんとお母さんに、よりよい暮らしをさせてあげることです。

アイリッシュ(Irish Vequizo)

アイリッシュはお母さんと弟・妹と一緒に暮らしています。とにかく人懐っこいアイリッシュは、日本人のゲストの方とも積極的に交流している様子がよく見受けられます。アイリッシュの夢は学校の先生になって、毎日夜遅くまで働いているお母さんを助けることです。

次にHERO’S HOUSE2!

ジャニカ(Janica Nina E.Limbaga)

明るくハキハキしていて、頭の回転も速いジャニカ。そんな彼女はお母さんと2人で、建物の二階の一室にある、とても小さいスペースで生活しています。ジャニカの将来の夢は看護師になることです。彼女の周りには、貧困で病院に行けず、苦しんでいる人たちが多くいます。彼女は、そんな風に苦しむ病気の人たちを助けたいと話してくれました。

ザニーヤ(Zhaniya Faith Almacin)

天真爛漫でザニーヤ。彼女は大叔母と2人で暮らしています。ザニーヤの家庭環境は複雑であり、育ての親である大叔母も、病気を抱えているため、ザニーヤの将来が不安です。将来は、先生になって、自分の知識をたくさんの子ども達に伝えることです。

ハジメ(Hajime C. Diate)

ハジメは、母と姉と3人で暮らしています。とっても真面目で、何事にも一生懸命なハジメは、出された課題や、言われたことは必ずきちんとこなします。そんなハジメの夢は、パイロットになって大好きなお母さんとお姉ちゃんの生活を助けることです。

ジャディ(Jhady Atephanie L. Dancel)

ジャディはお母さんと4人の兄弟と一緒に暮らしています。小学1年生以降、父とともにマニラで生活していた為、その間2年間は学校に行くことができませんでした。しかし、学校に行くことができなかった期間も、自分で勉強をして、現在は2年遅れた学年で頑張っています。将来の夢は、学校の先生になって、家族の暮らしを助けることです。また、ジャディは他の新奨学生よりも少しお姉さんということもあり、集中力はピカイチです!

夢への大きな第一歩

4月末に始まったサマークラスから、トライアルとして参加していた7人の新奨学生たち。
当初は、話しかけてもあまり口を開かない子もいましたが、今では毎日、お昼と放課後にHERO’S HOUSEにきて、今日は学校でこんなことがあった!と笑顔で話してくれるようになりました。
また、週末の授業や、放課後、一生懸命勉強に取り組む彼らの姿勢からは、
「学びたい、変わりたい」という意志が本当に強く感じられます。たったこの数か月間で、大きな変化を見せてくれたこの7人の子ども達。まだまだ未知なる可能性を秘めていることでしょう!
未来のリーダーになるため、ヒーローになるため、彼らは第一歩を踏み出しました。
これからの成長に期待です!!
随時、新奨学生について、個人ブログもアップしていきますので、お楽しみに!