今回、私たちはHERO’S HOUSE2の子ども達が通うルズ小学校で、新学期に向けて、子ども達の頭のシラミ取りをする活動を行いました!

小学校入学の必須条件、BRIGADA ESKWELA(ブリガーダ エスクエラ)とは?

夏休みも終わりに近づき、学校では徐々に新学期に向けての準備が始まっています。
フィリピンの小学校では、入学する為に様々な手続きが必要になります。その中の一つに、BRIGADA ESKWELA(ブリガーダ エスクエラ)と呼ばれるイベントがあります。

このBRIGADA ESKWELAは、新学期が始まる前に「学校をキレイにする」という目的で行われ、学校を掃除したり、生徒の健康チェックをしたりと、様々な活動が行われています。そして新入生は、このBRIGADA ESKWELAに参加することが入学条件として求められているのです。


学校の掃除や、新しく植物を植え替えるお手伝いをする団体の方もいました

フィリピンのシラミ問題

実は、子ども達の頭のシラミ取りも、このBRIGADA ESKWELAの一環です。
現在の日本では、あまり馴染みのないシラミですが、フィリピンでは今もごく身近な問題です。頭にシラミが発生すると、強いかゆみの原因となります。頭と頭が接触した時や、タオル・ブラシなどを使いまわしたときにうつると言われているので、特に、頭をくっつけて遊んだり、集団生活をすることが多い小学生の間では、シラミに集団感染する確率が高くなります。
例え自分がシラミを持っていなかったとしても、友達がシラミを持っていると危険です。また、一度感染してしまうと、卵をどんどん産みつけられてしまうので、早期発見と駆除が大事になります。

ということで、今回、私たちはHERO’S HOUSE2の子ども達が通う、ルズ小学校で、子ども達の頭のシラミ取りをしてきました。

シラミ取り用の梳き櫛を使って、頭のシラミを取っていきます。
始めるとすぐに、子ども達がどんどん集まってきて、長蛇の列が!スタッフ6人がかりで、3時間ほどかけて、約50人の子ども達のシラミ取りを行いました。シラミの成虫から幼虫、そして卵まで、、、どんどん取れていくシラミに、子ども達もびっくり。終わった後は、何だかスッキリした様子でした。


想像以上に取れるシラミに興味津々??


列を作って順番を待つ子ども達

DAREDEMO HEROの活動

子ども達が、一日の多くを過ごす学校。そのため、DAREDEMO HEROは奨学生だけでなく、奨学生と関わる地域の子ども達の健康を管理する活動を行うことで、地域の衛生や子ども達の健康を守っています。

今回、シラミを取るために使用した特別な櫛は、ご支援者様より寄付を頂いたものです。フィリピンにもシラミを取るための櫛はありますが、卵までしっかり取れるような櫛は、なかなか手に入りません。小学校の先生たちも、参加した子どもたちもこの櫛の凄さには驚きでした!

シラミ取り櫛をご提供いただきましたご支援者様に、心より感謝申し上げます。