セブにあるトリックアートで、また違った角度からセブを楽しんでみませんか?

こんにちは、インターンのKAHOです!今回は、セブで面白写真を撮ることができるスポット、Upside Down World について紹介します。

観光スポットはビーチだけではない!

セブといえば、ビーチ!アイランドホッピング!のイメージです。しかし、セブは今の時期は雨季となります。せっかくの海が雨で台無しになっては残念です。しかし、セブには屋外だけではなく、室内でも楽しめる観光スポットもあります!
今回は、大人から子どもまで楽しめるトリックアートを紹介します。面白写真を撮り、海やアイランドホッピングとは、また一味違った体験をするのはいかがでしょうか?天気で予定を左右される心配もありません。
トリックアートは、マンダウエのPark mall向かい側にあるTimes Square 2の2Fにある Upside Down World Cebuは、面白写真が撮れるトリックアートです。

営業時間は10時~20:00までとなります。入場料は1人250ペソ(約500円)です。日本のトリックアートの場合、700〜900円ぐらいの入場料となります!中には、様々な種類の背景があります!トリックアートは内容としては、逆立ちしているように写真が撮れたり、上下逆さまの写真を撮ることができます!なんと、受付から全て反対になっています。必要な物はカメラ付きのスマートフォンです。パノラマ機能が搭載されているスマートフォンをお持ちいただくことをおすすめします!
このミュージアムでは10カ所の背景を使い、多種多様な面白い写真が撮れます!

様々な種類の背景

店員の方が撮影と、ポーズに対するアドバイスを全て行ってくれるので安心です。店員の方はとても優しく、丁寧に教えてくれます。その為、お1人で体験されても、グループで体験しても楽しく素敵な写真を撮ることができます。

私自身も体験してきました!
まずは、入場料を支払い、館内は土足のため靴を靴箱に入れます。


受付の文字も反対です!

その後、背景ごとに違ったポーズで、順番に撮影していきます。天井から落ちているような写真が撮れたり宇宙に飛び出てしまったような写真も撮れます!また、パノラマ機能を使えば自分自身が何人も写り込んでいるような写真を撮影出来ます。

写真を上下の向きを反対になるように編集し、明るさを調節するととても素晴らしい写真が出来上がりました!
250ペソという安さですが、お値段以上の楽しい体験ができるのでとても満足しました。大きなお店ではないですが、十分楽しむことができる場所だと思います!セブでの思い出作りにおすすめです。

実は、DAREDEMO KIDSも日本への招聘旅行の際、アートミュージアムに訪れました。写真を撮られることが大好きな子どもたちは、とても楽しそうでした!


京都にある映画村のトリックアート

セブには、海などだけではなく、また違った角度から楽しめるスポットがまだまだあります!これからもっと紹介していきたいと思います!