先日、ご訪問者様のご協力のもとイナヤワンとHERO’S HOUSE2で映画上映会を行いました!

NPO法人World Theater Project

World Theater Project様は、「生まれ育った環境に関係なく子ども達が人生を切り拓ける世界をつくる」を理念に、途上国の子どもたちに移動映画館で映画を届けています。
それぞれの国に映画配達人がいて、彼らが普段映画を見る機会がない子どもたちに映画を届けます。
今回はフィリピンの映画配達人である薬師寺様にご協力いただき、映画上映会を行いました。
上映していただいた映画は、セリフがない短編映画です。言語を使わずに、音楽と映像のみで表現されます。そのため、どこの国の人でも楽しむことができます
▶World Theater Project様のHPはこちらをご覧ください。
「NPO法人World Theater Project」

イナヤワンのゴミ山での上映会

イナヤワンにあるゴミ山周辺のコミュニティで上映会を行いました。このコミュニティに住む人々の多くが、ゴミ山でゴミを拾って生計を立てています。また、それ以外の職業であっても低収入の職がほとんどなため、このコミュニティに住む多くの人々が貧困です。
フィリピンの映画館では250ペソ(約500円)ほどで映画を見ることができます。日本の映画館に比べると格段に安いですが、フィリピンの貧困層にとっては高額です。そのため、映画を見る機会は中々ありません。
また、フィリピンで上映される映画の多くが字幕なしの英語、もしくはタガログ語です。
このコミュニティの子どもたちは学校に通ってない子がたくさんいます。また、学校に通っているとしても様々な理由で欠席が多く、学校で学ぶ英語やタガログ語を習得できていない子も多いです。そのような子どもたちにとって、今回上映したような音と映像だけで楽しめる映画は貴重です。
みんな食い入るように観ていて、終わった後には「もう一回!」という声も上がりました。

HERO’S HOUSE2での上映会

HERO’S HOUSE2でも上映会を行いました。当団体でも、映画上映会を行うことがあります。その時は日本語や英語の勉強を兼ねているので、上映するのはセリフ付きの映画です。そのため、今回のようなセリフのない映画は当団体の子どもたちにとっても珍しく、セリフがないからこそ登場人物の気持ちやストーリーを考えながら観るため、想像力が養われます。鑑賞後は、登場人物の気持ちになって物語の続きを予想し発表をしてもらいました。


熱心に映画を観る子どもたち           観賞後の発表会の様子

映画鑑賞の大切さ

映画鑑賞はただの娯楽ではありません。言語を学ぶツールになったり、新しい価値観や知識を得る機会になったりと一つの映画からでも学べることは多くあります
今回もイナヤワン、そして当団体の子どもたちにとって貴重な学びの機会となりました。

ご協力くださった薬師寺様、誠にありがとうございます。