セブ島の基本情報

国名:フィリピン共和国(Republic of the Philippines)
※ Philippines 諸島を表すので s がつくので語学留学生は注意しましょうw

首都:メトロ・マニラ(通称マニラ)Metro Manila

国旗2

青は理想と真実と正義、赤は勇気と愛国心、白は平等と友愛の太陽は自由を意味する。
3つの星は、主な島である、ルソン島、ミンダナオ島、ビサヤ島を表す。
8つの光は、戦時中にスペインに対して最初に武器をとった8州を表す。
(パンパンガ, ブラカン, リサール, カビテ バタンガス, ラグナ, タルラック,ケソン州)

国歌:最愛の地

人口:約1億100万人(2015年推計)

人口都市ランキング:1位:ケソン 2位:マニラ 3位:カローカン 4位:ダバオ
5位:セブ

面積:29万9,404Km2(日本の約8割の広さ)、7,107の島で成り立っている

政体:立憲共和制

元首:ベニグノ=アキノ3世 Benigno S. Auino Ⅲ ※ ニノイ=アキノの息子

民族:マレー系約95% 中国系約1.5% その他約3.5%

宗教:ASEAN唯一のキリスト教国。国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が
10%。イスラム教は5%(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)

言語:国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語及び英語。80前後の言語がある。

識字率:95.6%(2008年調査)

平均寿命:男性69.5歳、女性73.9歳(フィリピン国家統計局)

通貨単位 :フィリピン・ペソ(P)補助通貨:センタボ(¢) ※ 1P = 100¢

通貨:単位はフィリピン・ペソ(P)。補助通貨はセンタボ(¢)。P1=100¢。
※2016年2月現在、US$1≒P47.01、P1≒2.40円。
紙幣の種類はP1000、500、200、100、50、20、10、5。
new-generation-currency
硬貨の種類はP10、5、1、¢50、25、10、5、1の8種類。
philippine-peso-coins

チップ:空港やホテルのポーターには荷物1個につきP10~P20
空港で無理やり荷物を持とうとするポーターがいるので、
もし自分で運ぶのであればはっきり断るとよい(ディリと言えばよい)
レストランではサービス料が含まれていない場合は10%程度
マッサージのセラピストには1時間につきP20~P50

ビジネスアワー:銀行は月~金曜日9:00~16:00で土、日曜、祝祭日は休み
スーパーやデパートは毎日営業10:00~20:00が目安
※ 各店によって異なる

郵便:日本までのハガキはP30で、封書は20gまでがP30
所要時間は1~2週間
切手の購入と投函がホテルによってフロントでも可能

電圧とプラグ:110/220V、60Hz
日本国内専用(100V)の電気製品を使う場合、変圧器が必要
※ 100V~240V, 50-60Hzなどと書かれている場合はそのまま使用可能