今年も毎年恒例のシヌログ祭りの季節がやってきました!シヌログを100%楽しむために2019年の最新情報をお届けします。

シヌログとは・・・??

セブ島を中心とするビサヤ地区では、幼き頃のキリスト像であるサントニーニョが厚く信仰されています。その、サントニーニョを讃えるお祭り、シヌログ祭りが毎年1月の第三日曜日に行われます。

このお祭り、セブ島だけでなくフィリピン全体でNo.1といわれるほど、非常に盛り上がるお祭りです。島中がシヌログムード一色になります!

(サントニーニョについての詳しい説明はこちらをご覧ください。)


個性的な衣装もシヌログの魅力の1つです!

一番の盛り上りをみせるグランドパレード

シヌログ祭りの中で一番のビックイベントといえば、数百人が道でダンスを披露するグランドパレードです。2019年は1月20日の日曜日に開催されます。パレードに参加するためにフィリピン全土から地区単位・学校単位でダンサーがセブにやってきます。このパレードを観にフィリピン国内だけでなく、世界中から400万人もの観光客が押し寄せます。

2019年のパレードルート・開始時間

グランドパレードはセブシティの中心街、フエンテオスメニアで行われます。

場所・時間

午前9時にスポーツセンター(Sports Complex)からグランドパレードがスタートします。そこから、審査スタート地点のカレタ墓地まで移動し、本格的なパフォーマンスがスタートします。100%のパフォーマンスが見たいのなら、コンテスト審査対象ポイントで見ることをおススメします。オスメニアサークル周辺はベストスポットとして有名です。そのため、人気な場所は朝早くから場所取りをする必要があります。

また、確実にいい場所でパレードを観たい方にはホテルのパッケージチケットがおすすめです。セブ島中心地のホテルではグランドパレード鑑賞チケットの他にも、前日の19日にマクタン島沖で行われる水上パレードが含まれるパッケージツアーも販売しています。料金は3泊4日のホテル宿泊代を含んで5万円~6万円ほどです。料金は決して安くはないですが、移動なども含まれるのでのんびり楽しみたい方にはおすすめです!

(詳細はこちらをご覧ください。)


ダンサーさんが道路でご飯を食べるというちょっと面白い光景も!

また、パレードの終了地点のスポーツセンターでは、夕方の5時からグランドファイナルが行われます。グランドファイナルではコンテストの最終審査が行われるためダンサーさん達の気合も入り、120%のパフォーマンスが披露されます。ここで見るには、チケットが必要です。席によって値段は変わりますが1000ペソから3000ペソです。いい席は事前にネット販売で売り切れてしまうこともありますが、会場の雰囲気を楽しみたいだけなら当日でも手軽な値段でチケットを購入し、会場内に入ることができます。

(昨年のグランドファイナルの様子はこちらをご覧ください)


グランドファイナルの会場です。ダンサーさん達の気合が違います!

会場までどうやって行くの・・??

当日、パレードルート周辺の道路は封鎖され通行止めとなってしまいます。タクシーやジプニーも会場まではいけませんので、行けるところまで行きそこから徒歩で会場まで向かうのがベストです。また、バイクタクシーのハバルハバルは車が行けない道を通れることがあるため、会場付近により近づける場合もあります。周辺のジプニーやタクシーも普段より量が少ないので時間に余裕をもって出発することをおススメします。

当日注意することは・・?

フィリピン国内外から400万人も集まるお祭りなので何かとハプニングはつきもの。せっかくの楽しいお祭りなので嫌な思い出にならないよういくつか注意が必要です。

携帯が使えません

昨年は、テロを防ぐために会場周辺の電波がすべてシャットダウンされました。今年も同様の対策が行われる予定です。そのため、通話やメールはもちろんインターネットも使えません。ポケットWi-Fiも使えないため携帯での連絡は全くとることはできません。人でごった返す場所では、一緒に行った友達とはぐれてしまうこともあります。携帯電話が使えないことを考慮し、はぐれた場合の集合場所を事前に決めておくと安心でしょう。

お酒は持ち込み禁止!

パレード会場周辺には、混雑を防ぐためお酒を持ち込むことが禁止されています。また、あきらかな泥酔状態では会場周辺に入れないこともあります。パレード前から余り羽目を外しすぎないようにしましょう。

スリ集団に注意!

当日、会場周辺は歩くのも大変なぐらい人でごった返します。そこで注意しなければならないのは、スリです。普通の日でさえスリの危険があるセブですが、当日はセブだけでなくマニラからもプロのスリ集団がやってきます。わざわざ遠くから来てももうけが出るほど、多くの人が被害にあってるということですね。

私たちが思っているよりも巧妙な手口で彼らは犯行を行います。そのためリュックは避け、必要以上のお金やクレジットカードは持って行かないなど注意が必要です。


人気のスポットは身動き取れないほどの人混みです。

バックパックの持ち込み禁止!

シヌログの会場ではテロ対策のために、バックパックの持ち込みが禁止されています。
スリ対策のためにも、リュック以外のものを持って行ったほうが安心です。

シヌログはグランドパレードだけじゃない!

シヌログはメインイベントのグランドパレードだけではありません。実は1月1日からシヌログを体感できるイベントが始まっています。15日からオスメニアサークル周辺で本格的なイベントが各地で始まり、20日のグランドパレードまでシヌログムードを盛り上げます。

18日 サントニーニョ教会からマクタン島までパレード(Traslacion)
19日 マクタン島沖の海で水上パレード(Fluvial Parade)
    セブ市内のパレード(Fluvial Procession of the Miraculous Image of the Sto. Nino)

毎日色々なイベントが各地で行われているので詳しくは公式ホームページのこちらをチェックしてみてください。

まとめ

数年前まで多くのストリートパーティーや、アフターイベントがあり、トラブルも多かったシヌログですが、市長の交換に伴い、本来の宗教行事として落ち着きを取り戻しつつあります。とはいっても信仰心の強く、お祭り大好きなフィリピン人にとって、シヌログはまさに一大イベント!フィリピン人の魂に触れることのできる貴重な機会です!

シヌログの本来の意味を理解したうえで、気を付けるところはしっかりと気を付け、思いっきり楽しんでください!