今年の8月から、DAREDEMO KIDSの5人がシニアハイスクールへ進学をします!

シニアハイスクールについて

フィリピンでは2012年に教育改革が行われK-12という制度の実施が始まりました。
それまでフィリピンの中等教育は10年間、国際基準は12年間と2年のギャップがありました。しかし、K-12の改革によりフィリピンでも12年の中等教育が採用され、ハイスクール卒業後から大学進学までの2年間、シニアハイスクールへ通うことを義務付けられました。
▶K-12とシニアハイスクールの詳細については、こちらをご覧ください。
「フィリピン教育制度K-12 」
「夢に向かって第一歩!?シニアハイスクールに向けて 」

シニアハイスクール進学者5名のご紹介

今年の8月からシニアハイスクールへと進学をするのは、シェーン、ジェームス、ジェニー、ザーラ、セカンデルの5名です。
それぞれの進学先は、以下の通りです。

シェーン → フィリピン大学(University of the Philippines)
ジェームス、ジェニー、ザーラ → サンカルロス大学(University of San Carlos)
セカンデル → セブ大学(University of Cebu)

フィリピン大学は国立大学で、フィリピン国内で最高峰の大学です。サンカルロス大学とセブ大学は私立大学で、どちらも教育水準の高い学校として有名です。それぞれの学校で厳しい書類審査や入試があり、今回5人はそれらを見事にクリアし、合格となりました!
当団体では、大学進学につながる重要な期間であるシニアハイスクールは、質の高い教育を受けさせるため私立の学校にも入学をさせています。現在の公立のシニアハイスクールの教育水準では、難関大学へ進学するのはほぼ不可能です。

子どもたちはそれぞれの学校で、
HUMSS(人文・社会科学)
STEM(理工学)
ABM(経営、会計)
GAS(まだ将来が決まってない人向けに上記の分野を全体的に広く行う)

のなかから、自分の将来の夢にあった分野を選択します。
また、シニアハイスクールではクラブアクティビティも盛んです。子どもたちのなかには、すでにどのクラブに所属するかを決めている子もいます!

それでは、各子どもたちの専攻や進学への意気込みなどをご紹介します!

シェーン

シェーンは将来、英語の先生になるためにHUMSSを選択します。
クラブは、ダンスクラブと学校新聞などを作成するジャーナリズムクラブに所属する予定です。
シェーンの意気込みはこちらです。

フィリピン大学はフィリピンで最も優秀で人気な大学です。そのような大学のシニアハイスクールに合格したことはとてもうれしく、また、感謝しています。
シニアハイスクールでの勉強は大変なことも多いと思いますが、一生懸命勉強して優秀な成績を収めたいです。そして、これから始まる新しい環境での学校生活に不安も感じますが、同時にわくわくもしています。シニアハイスクールでの勉強が始まるのが待ちきれないです!夢の実現のために、精一杯頑張ります!

そんなシェーンが5月24日に開催された当団体のCULMINATION&FAMILY DAY 2019にて、ウェルカムスピーチを行い、シニアハイスクール進学への決意を語りました!
▶シェーンのスピーチの様子は、こちらをご覧ください。

ジェームス

ジェームスは将来、医者になるための勉強としてSTEMを選択します。
ダンスが得意な彼は、進学後ダンスクラブに所属する予定です。
そんなジェームスの意気込みがこちらです。

サンカルロス大学はフィリピンの中でも優秀な大学として有名です。そのような大学のシニアハイスクールに通えることを光栄に思います。医者という将来の夢に向かって、着実に近づいていることを感じます。正直、新しい環境に変わることに不安もありますが、「常に自分のベストを尽くす」ことを目標に、頑張りたいと思います!

ジェニー

ジェニーは将来、建築士になるためにSTEMを選択します。
クラブについては、まだ決めていないので進学後にじっくり考える予定です。
ジェニーの意気込みはこちらです。

著名なサンカルロス大学への進学が決まり、とても光栄です!新しい環境で新しい友人に出会うことが楽しみです。シニアハイスクールでの目標は、勉強を頑張り優秀な成績を収めることです。また、時間を有効に活用することも目標です。時間を有意義に使いながら勉強をしていくなかで、自分の得意なものを伸ばし、新たな才能も引き出したいと思います!

ザーラ

ザーラは将来、医者になるための勉強としてSTEMを選択します。
化学が好きなザーラは、化学クラブに所属することを予定です。 
ザーラの意気込みはこちらです。

サンカルロス大学のような優秀な大学のシニアハイスクールで学ぶ機会を得られて、とてもうれしく思います。新しい環境への不安もありますが、とてもわくわくしています。
シニアハイスクールでの目標は、今の環境に満足せず新たなことに挑戦すること、そして勉強の忙しさのなかで上手なストレス対処法を身につけることです。
友人のサポートを得ながら、自分の夢へと向かって有意義な学校生活を送っていきたいと思います。

セカンデル

セカンデルの現在の将来の夢は心理士です。心理士になるための分野はHUMSSかSTEMです。心理士の他に医学の道に進むことも考えている彼女は、STEMを選択します。
クラブについては、まだ決めていないので進学後にじっくり考える予定です。
セカンデルの意気込みはこちらです。

セブ大学の教育水準は高く、そのような大学のシニアハイスクールで学べること、また、新たな友人に出会えることがとても楽しみです。セブ大学は教育設備も整っているため、それらを活用しながら、多くのことを学ぶ学校生活にしていきたいと思います!

当団体の支援

当団体では、シニアハイスクールでの勉強がその後の大学受験、そして夢の実現へとつながるようにはしっかりとサポートをしていきます。学費や学校までの交通費、日々の宿題や行事にかかる費用はすべて当団体が負担しています
また、今回子どもたちが進学する学校に通う多くの生徒が中間層~富裕層です。彼らは授業中だけでなく、普段の会話も英語です。そのような環境は子どもたちにとって、よい刺激となります。しかし、これまで以上に貧富の差を身近に感じやすくもなるため、精神的なストレスがたまる恐れがあります。そのため、勉強面のサポートだけでなく課外授業としてYOGAを行うなど精神面でのサポートも引き続き行っていきます。
▶当団体の支援と課外授業のYOGAについては、こちらをご覧ください。
「フィリピンの教育問題とDAREDEMO HEROの支援」
「サマークラス課外授業~YOGA~ 」