インターンのYUDAIです。7ヶ月のインターン生活が終了しました。僕の体験をシェアしたいと思います!

インターン生活

7ヶ月のインターン生活を通して、本当に多くのことを学ばせていただきました。スタッフのJUNKOさんには、社会人としての振る舞いや、仕事についてたくさん指導していただきました。多々迷惑をおかけしましたが、根気強く付き添っていただき、本当に感謝しています。

週末の日本語授業では、初めて人に何かを教える立場になり、はじめは授業をこなすのが精一杯でしたが、だんだんと、教えることの楽しさや、子どもたちが上達した時の嬉しさに気づけるようになりました。
また、人に何かを教えるということは、自分が十分に理解しなければいけないということを身沁みて感じました。

DAREDEMO HEROには様々なスタディーツアーがあり、それらのハンドリングもとても貴重な経験でした。人前で話すことが苦手だった私ですが、スタディーツアーではその機会がたくさんありました。数をこなしていくうちに苦手が克服できたように思います!
様々なアクティビティを考え、ゲストの皆さんがそのアクティビティで楽しそうに子どもたちと交流しているのを見て、とても嬉しかったのを覚えています。


日本語授業の様子です。

DAREDEMO KIDS

複雑な家庭環境の子が多い、DAREDEMO KIDSですが、いつも笑顔で、一生懸命に勉強している彼らに元気とパワーをもらっていました。
彼らが頑張っているから、私も頑張ろうと、そう思わせてくれたDAREDEMO KIDS の存在は大きかったです。

小さいながらに世の中の理不尽さや格差、様々な困難に直面している彼らだからこそ、その笑顔の持つパワーも素晴らしいです。そして、そんなバックグランドを感じさせないほど、HERO’S HOUSEではその日あったことを楽しそうに話してくれたり、フィリピンの遊びを一緒にしたりと、思い出一つひとつがかけがえのない宝物です。

もし今、何か悩み事があったり、悲しいことがあったら、ぜひ彼らに会いに来てください!
きっとあなたを笑顔にしてくれます!


DAREDEMO KIDSとは兄弟のように仲良しです!

終わりに

ここ、セブ島で出会った方々は私にとって、とても大切な方々です。日本にいたら、出会うことのできなかった彼らと多くの時間を共にし、私はとても幸せでした。

文化やバックグランドの異なるフィリピン人と働くことは4月から就職活動をする私にはとても刺激的でした。とても楽しそうに働いているフィリピン人を見て、私は「将来自分がどう生きていきたいか」という問いのヒントがあったように感じました。

DAREDEMO HEROのインターンは自分で考え、実行し、反省し、次に活かせる場があります。私はインターンとしてここDAREDEMO HEROを選んで心から良かったと思っています。


誕生日を祝ってもらった時の写真です。

改めまして、JUNKOさんをはじめDAREDEMO HEROのスタッフ・インターン、日本のゲストさん、ボランティアさん、DAREDEMO KIDS一人一人、活動地区で出会った地元の人々から、たくさんのことを教えていただき、様々な経験をさせていただきました。
本当にありがとうございました!