1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. スーパー台風からの農業再建支援事業

スーパー台風からの農業再建支援事業

スーパー台風からの農業再建支援事業
公開日: 更新日:

DAREDEMO HEROは、山岳零細農家の生活向上のために、技術指導や新種の野菜の紹介などを始めています。

山岳貧困農村地区を襲った2つの巨大台風

海が有名なセブ島ですが、島の大部分は緑に覆われており、農業が盛んな島でもあります。しかし、農家の大部分は十分な教育を受けておらず、作物を作っても作っても、最低限の生活をするための収入すら得ることができません。

日々、ギリギリの生活を送っていた農家の人々ですが、2020年に新型コロナウイルス感染症による大規模なロックダウンにより物流が完全に止まり、さらに2021年12月に巨大台風があり作物が壊滅。そこからの復興もままならない状態で、2022年4月にまたしても巨大台風が発生し、農家は大きなダメージを受けました。

収穫直前にトウモロコシがすべてなぎ倒されてしまいました。

DAREDEMO HEROが行った緊急支援

これまでに、DAREDEMO HEROでは農家に対する緊急支援を行ってきました。パンデミック中、農業の再開に必要な種や肥料が買えない農家のためのマイクロファイナンス事業、台風後の農業再建事業です。

これらの緊急支援を終え、今後は農家の人々が自分たちの力で立ち上がるための事業が必要な時期になりました。そこで、この度ADRA Japan様よりご支援をいただき、新たな農業支援事業をスタートしました!

説明会に集まったメンバー

高騰する肥料と低迷する野菜の価格

現在、農家を苦しめているのが種や肥料など、農業を行うために必要な資材の高騰と、それに反した野菜の卸値の低迷です。

今回の支援地区である山岳地域から、都市部の市場までは車で2時間ほどかかるため、各農家が野菜を売りに行くことができないため、多くは仲介業者に野菜を販売し、収入を得ています。昨今のガソリンの高騰も相まって、仲介業者への卸値は十分なものではありません。

さらに、零細農家の多くが昔ながらの技法で、昔ながらの作物を作り続けています。そのため、同じ野菜ばかりできてしまい、自然とその野菜の価格は下がっていってしまいます。しかし、新しい技法や野菜を取り入れる手段が今までありませんでした。

豆や空心菜がこの地区では代表的な作物です

新たな挑戦(コンポスティング+新種の野菜)

この事業では大きく分けて、2つの挑戦を進めていきます。

コンポスティングによる有機肥料づくり

高騰し続ける肥料の出費を抑え、収益を上げていくために、コンポスティングの技術を伝えていきます。これまでにも、コンポスティングに挑戦したことのある農家はおりますが、十分な講習を受けず、不十分な知識で行っていたため、思うような成果が出ませんでした。

農家では幸い、大量の野菜くずが出ます。これまでは、ただ棄ててしまっていたのですが、これからは少しずつではありますが、コンポスティングとして活用し、自家製の堆肥を作ることができます。

大規模なコンポスティング事業を行う施設を数か所見学

新しい野菜に挑戦

これまでは多くの農家が同じ野菜ばかり作っていたため、価格が下がってしまい、作っても作っても生活が潤わないという現象が起きていました。その反面、現在セブの市場では白玉ねぎが完全に品薄状態で、どこに行っても購入することができません。まれに売られていても、1キロ1,000円以上(日本の平均価格は1キロ400円前後)と、日本の倍以上となっています。

現地のTVでも白玉ねぎの高騰がニュースになっています(1キロ約1,300円)

その他にも、食の多様化によってイタリアントマトや、ズッキーニ、ブロッコリー、セロリ、日本のキュウリなどは非常に高い価格で販売されています。しかしそれらの種は入手が難しく、さらにとても高価なため、零細農家には手が出ませんでした。

専門機関の専門知識を農家に!

今回の事業では、セブ市の農林水産省、バランガイの農業組合、コンポスティング事業に取り組む企業と連携を組んで進めていきます。それぞれの分野の専門家から、十分な指導を受けて進めることにより、失敗のリスクを極力減らしたいと思っています。

このような事業を行う際に最も大切なことは、農家の今の生活を邪魔することなく、生活向上の機会を提供することです。今現在彼らの生活を支えている農業を続けて、少しの空き時間、少しの空いた土地でこの挑戦を行い、しっかりと技術を付けてから少しずつ拡大していきます。

外部からの支援がなくとも、地域の人々が自分たちの力で、自分たちの生活を向上できるように、この事業を進めていきます。

支援地区のキャプテンと議員さんとの打合せ

当事業は国際NGO ADRA Japan(アドラ・ジャパン)様から費用の一部を助成をいただき、行っています。

DAREDEMO HE ROの活動をご支援ください!

月1000円でラーニングセンターに通う子ども一人の1か月分の軽食を提供や、30人の子どもたちに炊出しができます。