3月8日は国際女性デー。これにちなんで今回はフィリピンで活躍する女性たちにスポットを当てたいと思います!

3月8日 国際女性デー

国際女性デーとは、1904年にアメリカ・ニューヨークで起こった婦人参政権を要求するデモをきっかけとし、1975年に国際連合によって制定されたものです。

意外かもしれませんが、世界の中でも女性の活躍が著ししく目立つフィリピン。世界の男女平等ランキングでは7位に入っており、アジアでは最上位にランクしています。ちなみに日本は111位です。(参照:2016 World Economic Forum

今日は国際女性デーにちなんでフィリピンで活躍する女性たちをここでご紹介したいと思います!

フィリピンで活躍する女性たち

学校の先生

フィリピンの学校の先生は、圧倒的に女性が多いです。以前、地元の効率小学校を訪れた時に見かけた先生一覧表では、校長先生をはじめそのほとんどが女性でした。驚くべきことに、ある統計によると小学校の女性教諭ん割合は非常勤を含め95%以上であるとの報告もされています。(出典はこちら


小学校の教員一覧表。一目で女性の割合が高いことがわかります。

政治家

フィリピンではこれまでに2人の女性が大統領になりました。フィリピンは女性国会議員の割合も2017年の調査で3割で、これは世界でも50位以内に入るランキングです。(ちなみに日本のここでのランキングは158位でした。)


左から、11代大統領コラソン・アキノ氏、14代大統領グロリア・アロヨ氏

地元の小さな商店や屋台でも・・・

街中でよく目にする商店や屋台でも、女性が働いている姿をよく目にします。フィリピンの男性は性格的に働き者はとても少ないこともあり、一家の大黒柱としてお店を切り盛りしている女性が多いです。


道に出ている屋台、市場でもお店番をしているのは女性が多いように感じます。

DAREDEMO KIDSも・・・

実は、誰でもヒーローで支援している子どもたちも圧倒的に女の子が多いです。もちろん女の子ばかりをあえて選んでいるわけではありません。勉強を頑張りたい、そして将来家族やこの国の未来のために頑張りたいという意思を持った女の子が誰でもヒーローにはたくさんいます

将来彼女たちがこの国で活躍する立派な女性になれるよう、また、この国のリーダーとなって貧困問題を解決できる存在になれるよう、当団体では支援を続けて行きます!