今回はシヌログ速報番外編!グランドファイナルの様子をお届けします!

気合120%のパフォーマンス!グランドファイナル

毎年、シヌログでは街中でのパレードだけでなく、ステージ上でパフォーマンスが行われるグランドファイナルが開催されます。ここでは、コンテストの審査が行われるのでダンサーさんたちの気合が違います!豪華絢爛な衣装、壮大な舞台装置、一糸乱れぬダンス、、、完成度の高いパフォーマンスを見ることができます。

会場までの道のり!

私たちインターン生は午前中に街中で行われるグランドパレードを観てから、グランドファイナルの会場であるスポーツコンプレックスに移動しました。当日会場周辺ではインターネットが使えなかったため、携帯で地図を見ることができません。そのため、パレードルートに沿って会場まで行くことにしました。

残念ながら途中から雨が降り出してしまいましたが、フィリピン定番の屋台フードから、ちょっと変わり種の「ヘビを首にませてくれる」アトラクション(!?)まで、様々なお店が道端を埋め尽くしており、楽しさで雨が降っていることすら忘れてしまうほどでした。


   魚のすり身を揚げだ“テンプラ”を食べました。       ヘビは少し気持ち悪かったけどいい経験です。

移動中にもまだパレードは行われており、時々ダンサーさんのパフォーマンスや面白い台車なども見れました!さらに、休憩中のダンサーさんと写真を撮るという貴重な経験もでき、会場に行くまでの道のりでもシヌログを満喫できしまた。


パフォーマンスを横目に会場に向かいます。        話しかけると気さくに対応してくれます。

ついに会場に到着!

屋台で寄り道をしたり、道に迷ったりしていたら会場につくのに3時間もかかってしまいました。会場であるスポーツコンプレックスは、パレードルートから少し離れたところにあるので、地元の人に何度も場所をきいてやっと到着できました。
会場周辺はどこよりも人でごった返しているので、スリへの注意がさらに必要です。

シヌログの公式サイトにはグランドファイナルは午後5時からスタートすると書いてありました。しかし、午後2時過ぎに会場に到着すると、すでにパフォーマンスは始まっていました。そのため、いい席のチケットはすでに完売しており、会場の端の一番安いチケットしか残っていませんでした。一番安いチケットといっても、なんと!!1,000ペソ(約2,200円)もします。最低賃金が9,000ペソに満たないこの国で、このチケットがいかに高価か分かっていただけるかと思います。

なお、事前にネットで購入することもできますので、いい席でショーをご覧になりたい方は、ネットで事前に購入されることをお勧めします。

それでは、いよいよ会場に潜入です!


     陸上競技場が会場です。            ピンクのチケットを首に下げて入場です!

豪華絢爛のパフォーマンス!

この日のために練習されたパフォーマンスは本当に完成度が高いものばかりで、シヌログにかける気合の強さをひしひしと感じられました。ストーリー性のあるパフォーマンスが多く、貧困や障害に苦しむシーンから始まり、最後にはサントニーニョの力で救われるというものが定番のようです。ここからも、いかにセブの人々がサントニーニョの奇跡を信じているかを感じました。


雨が降る中でもキレキレです

そして、あたりが暗くなったころ、お祭りの終わりを盛り上げるように、どんどんパフォーマンスが派手にっていきました。ダンサーさんの数も、衣装の豪華さも、舞台装置の壮大さもけた違いです。私が想像していた以上の豪華絢爛ぶりに本当に驚きました。正統派のパフォーマンスもありましたが、電話会社がスポンサーなのか少し異色な電話とサントニーニョが合体した面白い舞台装置もありました。

また、観客の歓声も大きくなり、会場全体が一体感に包まれました。


舞台装置にかなりお金がかかっていることが目に見えてわかります。 電話と合体したサントニーニョです。

まとめ

今回は、2日間にわたり様々なシヌログイベントに参加しましたが、このグランドファイナルは、まさにファイナルにふさわしい素晴らしいものでした!シヌログ期間中は、街中どこに行ってもシヌログの音楽が流れ、人々は「Pit Senor! Viva Sto. Nino!」とサントニーニョを讃えていました。
改めて、フィリピン人の信仰心の強さを感じた2日間でした。

番外編

シヌログではダンスチームに企業のスポンサーがついたり、企業が宣伝のために飾り付けをした山車を作ったりしています。様々な企業がいる中、フィリピンのスーパースターのJolibee君がとてもやる気なさそうに歩いていたのが印象的でした。観客はそんな彼にも大きな歓声を送っていました。


朝から働いてお疲れだったのかもしれません。