英語のイメージが強いフィリピンですが、セブで暮らす人たちをとりまく言語環境は、どのようなものなのでしょうか?

セブに住む人々の母語

フィリピンの国語はタガログ語、公用語は英語とタガログ語です。そのため、フィリピンといえばタガログ語を思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかし、セブ島に住む人々が母語として話す言語はタガログ語ではなく、ビサヤ語(セブアノ語)といわれる言語です。そのため、両親や友達との会話には基本的にビサヤ語が使われます。国語や公用語も、セブに住む人たちにとっては「学習し、習得する言語」なのです。

タガログ語学習

タガログ語の学習は、簡単なものは幼稚園から始まり、教科としては小学校1年生から国語の勉強として始まります。教科書はタガログ語で書かれたものを使用し、タガログ語を使って授業が行われます。また、数学や理科などの教科書は英語ですが、社会の授業ではタガログ語の教科書が使われる学校もあります。
セブに住む人たちはテレビを通してタガログ語を聞くことに慣れているため、タガログ語で聞くことは、話すことや読むことに比べて比較的困難ではありません。

タガログ語とビサヤ語

タガログ語とビサヤ語は、単語面において似た部分があります。タガログ語の単語を短く省略したものがビサヤ語の単語になっているものもあります。

   タガログ語  ビサヤ語
砂糖 kalamay    kamay
家   bahay     balay
手   kamay    kamot

また、ビサヤ語は抑揚が大きく、アクセントがタガログ語に比べて強いのが特徴です。発音のスピードもビサヤ語のほうがタガログ語よりも速いため、ビサヤ語を母語とする人にとって、タガログ語は柔らかく、ゆったりとしたイメージがあるようです。

メリット~3種類の言語~

母語をビサヤ語とする人たちは、タガログ語と英語を学び、日常生活の中で習得するため、3種類の言語を使うことができます。ここにおいて1番のメリットは、英語を使う環境が整っているため、英語の習得が比較的簡単なことです。英語は今日世界で最も主要な言語であり、世界に目を向けると、英語の習得は必須となるからです。
2つ目のメリットは、より多くの人とコミュニケーションをとることができることです。英語に加え国語であるタガログ語も学ぶことで、タガログ語が母語である人々とも簡単にコミュニケーションをとることができます。
また、言語習得の機会が多いため、新しい言語を身につける能力が高いとも言われています。

デメリット~3種類の言語~

しかし、複数の言語が混在する環境にはデメリットもあります。
それは、1つ1つの言語能力が高くはないということです。3種類の言語を使うことはできますが、それは日常生活で困らない程度の言語能力なのです。
母語であるビサヤ語は学校ではほとんど学習しないため語彙力は高くなく、タガログ語も日常生活においてテレビの視聴以外はほとんど使わないため、能力は高くありません。英語においても、日常会話にはそれほど困難を要しないとしても、十分に使いこなすためにはしっかりと勉強をしなければなりません。どの言語も、日本人にとっての日本語のようには使いこなすことができないのです。この多言語状況下では、語彙の数や意味の不確かさによって、感情や考えを正確に表現することが苦手になるとも言われています。

英語力

フィリピンにおいて、もっとも重要な役割を果たす言語は英語です。しかし、貧困層の子ども達にとって、英語を習得するのは簡単ではありません。彼らの両親の多くは英語をあまり話すことができず、英語を使う機会も限られてくるからです。
フィリピンの英語事情についてはこちら▶フィリピン人は生まれた時から英語が話せる!?

英語を十分に使いこなすことができなければ、就くことのできる職業が低賃金で不安定なものに限られてしまいます。つまり、英語の習得は貧困からの脱却には必須となるのです。
DAREDEMO HEROでは、子ども達が貧困から脱却し、将来の夢を叶えてリーダーとなることができるよう、英語学習の支援を続けていきます。