インターンIKKIがBon Odori2020実行委員として、子どもたちの想いを実現させます!

「日比交流盆踊り大会」とは

セブ日本人会主催の「盆踊り大会」はフィリピンで最大級の日比交流イベントです。DAREDEMO HEROでは、第一回目から参加させていただいており、子どもたちにとって思い入れの深いイベントです。そんな一大イベントに、私インターンIKKIが実行委員として関わらせていただくことになりました!

私には、実行委員としてどうしても実現したい企画があります!

3年前の約束

Bon Odoriには、子どもたちにとって忘れることのできない大切な思い出があります。それは「Bon Odori 2017」で世界的に有名な和太鼓チームGOCOOと出会ったことです。初めて和太鼓の生の演奏を聞いた子どもたちは、一瞬でGOCOOの大ファンになりました。

そして子どもたちは幸運なことに、そんなGOCOOの皆さんから直接太鼓の打ち方、そして演奏にかける想いを教えていただく機会を頂きました。子どもたちはGOCOOと出会えたこと、和太鼓を一緒に演奏したことを今でも嬉しそうに話してくれます。
その時から、子どもたちの中に「いつかGOCOOと一緒にステージで演奏をする!」という大きな目標が生まれました。

子どもたちがGOCOOと一緒に演奏したい楽曲があります。それが3年前に教えてもらった「ELEVEN」という曲です。東日本大震災をきっかけに作られたこの楽曲には、GOCOOの想いが詰まっています。辛い状況の中でも、自分たちの夢に向かって頑張る子どもたちの心に、その想いが共鳴したようです。

そして、そんな子どもたちの夢を実現できるチャンスが訪れようとしています!!

▶当時の詳細はこちらからご覧ください。
「セブ日本人会主催 盆踊り大会ご報告③ 」


最前列でGOCOOの演奏を聴く子どもたち

インターンIKKIの挑戦

Bon Odori 2020が開催されること、私が実行委員となったことを子どもたちに伝えると、子どもたちは真っ先に「GOCOOは来る?」と私に聞いてきました。そして3年前の約束を教えてくれました。
普段子どもたちから何かをお願いされることはありません。しかし、その時に子どもたちから「GOCOOと演奏がしたい!」「GOCOOとの約束を実現したい!」という子どもたちの願いを強く感じました。

しかし、世界的に有名なGOCOOを招聘することは簡単なことではありません。特に費用面では私一人の力でどうすることもできません。そこで、学生の自分にもできることとして、クラウドファンディングを立ち上げることにしました!
私自身が、この壮大な企画を実現することによって、子どもたちに
「強く願って全力で取り組めば、夢は必ず叶う!」
と示したいと思っています!

クラウドファンディング、盆踊り大会の詳細につきましては、後日ご紹介させていただきます。